ショッピングカート
K-POP/ワールド
CD
Cavalo
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (イギリス盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2014年05月03日

規格品番

MAIS023CD

レーベル

Mais Um Discos

SKU

5060091554207

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
ブラジルのロック・バンド、Los Hermanos(デトロイトのほうではありません)のシンガー+ギター担当、Rodrigo Amaranteによるソロ作がようやくリリース!LAを拠点にしながらも、ツアーなどで様々な都市を訪れ、自分自身を再確認したといわれる、彼の人生の叙情詩がそこはかとなく表現された内容。SSWライクな楽曲が中心ですが、当然ブラジリアン、オルタナやサイケ的な要素などが色濃い楽曲もあり、更にはツアー中でも行った、子供用のギターで弾き語ったり、日本語訳詩の語りを挿入したりと、自身のアイデアや趣向をこらした作品も収録。Los Hermanosの同僚、ホドリゴ・バルバやリトルジョイのファブリツィオ・モレッティなどもドラムスで参加してます。
発売・販売元 提供資料 (2014/03/26)
Mojo (Publisher) (p.97) - 4 stars out of 5 -- "[A] heavy-lidded, narcotic treat with such a light touch you'll barely notice the way it gets its hooks into you."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

The road leading to Brazilian singer/songwriter Rodrigo Amarante's first solo album was a long one. The journeyman artist began his career in the late '90s taking a sideman role in the popular Brazilian rock group Los Hermanos and eventually emerging as the band's driving force and key songwriter. He was a member of the samba big band supergroup Orquestra Imperial, recorded in America with Devendra Banhart, and then formed the indie project Little Joy with Strokes drummer Fabrizio Moretti. But it took nearly two decades until he was ready to make his most personal artistic statement, 2014's sublime Cavalo. A thoughtful and beautifully rendered blend of classic tropicalia and indie folk and rock styles, Amarante evokes the pan-global creativity of Caetano Veloso, the wry and romantic charm of Paolo Conte, and the experimental pop meanderings of Andrew Bird. This is a unique record by an artist who is hard to define as he jumps from Portuguese to French to English throughout songs that are moody, melancholic, and at times jaunty. From the strange beauty of opener "Nada em Vao," whose sonic bed resembles Bibio's Silver Wilkinson album, to the spare, enchanting closer "Tardei," Amarante presents a diverse but ultimately cohesive set fixated on themes of quiet solitude, exile, and discovery. Two of the most striking tracks, "Mon Nom" and "Irene," sit together in the sequence, wistfully sung and gently played on solo classical guitar through a warm, gauzy filter that best represents the overall tone of Cavalo. When he does pick up the tempo, as on the Spoon-esque "Hourglass" or the bright, tropical romp "Mana," it changes the mood enough to further flesh out Amarante's unique personality without disrupting the album's flow. Already a well-known figure in the Brazilian pop scene, this wonderfully creative and understated solo debut ought to vault him further into international favor and critical success. ~ Timothy Monger

    • 1.
      [CD]
レビュー
  • 活動を休止しているロス・エルマーノスの中心人物で、マリーザ・モンチやトン・ゼーとの共演でも知られるロドリゴ・アマランテ。彼の初ソロ作はポスト・ロック的なものやほんのりサイケなサウンドなどに、ブラジリアンなテイストが上手く混ざった内容だ。現在はL Aを拠点とするロドリゴの、ちょっと物憂げながらイノセントなヴォーカルにも味があって、フリー・フォークの傑作と捉えることも可能だろう。
    bounce (C)ダイサク・ジョビン

    タワーレコード (vol.367(2014年5月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
20pt
販売価格(税込)
¥ 2,519
¥ 252(10%)オフ
¥ 2,267
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:2日~14日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加