こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

  • 現代音楽

【CD】

Angele Dubeau - Blanc

アンジェル・デュボーラ・ピエタ

  • オンラインキャンペーン価格
    クラシック スペシャルプライス15%オフ

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:7日~21日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥2,849
  • セール価格(税込)
    ¥2,422
    ¥427 (15 %) オフ
  • ポイント数
    22 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Angele Dubeau - Blanc

アンジェル・デュボー

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2014年07月03日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Analekta

規格品番

AN28737

商品の紹介

  • アナレクタ(ANALEKTA)のメイン・アーティストの1人であり、カナダを代表するヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリニスト、アンジェル・デュボー。
    久石譲、坂本龍一やエンニオ・モリコーネなど、12人の作曲家たちの14曲の作品を、アンジェル・デュボーが自身のアンサンブル、ラ・ピエタとの共演で奏でる「ブラン」は、カナダでリリースから3ヶ月を待たずに、なんと20000枚(!)を超えるセールスを記録し、同国のクラシカル・ミュージック・セールス・チャートの第1位に輝き続けた大ヒット・アルバムなのである!
    協奏曲、ソナタ、無伴奏、そしてミニマル、ライト・クラシックス、映画音楽、さらにはゲーム・ミュージックなど、ジャンルにとらわれない独創性豊かなプログラムを続々と発表してきたアンジェル・デュボーは、その長年の功績が認められ、カナダ政府からオフィサー、ケベック州政府かナイトの勲章を受けている。
    カナダの国民的ヴァイオリニストが1733年製のストラディヴァリウス"Des Rosiers"で、「ブラン(白)」の世界を奏でてゆく。
    東京エムプラス

    発売・販売元 提供資料 (2014/06/05)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:56:00


『アンジェル・デュボー~ブラン』

【曲目】
シャイマン: バイオショック
ゴリホフ: クローズ・ユア・アイズ
マンジー: ディスタンス・ビトウィーン
モゼティチ: 空からの絵葉書
久石譲: ザ・レイン
ドンピエール: マリオ
モリコーネ: いいなずけ(アディオ・モンティ)
オコーナー: アパラチア・ワルツ
ブルーベック: フジヤマ、荒野と砂漠は楽しみ, 荒地は喜び
坂本龍一: 美貌の青空、ソリテュード
フィリップス: ウーマン

【演奏】
アンジェル・デュボー(ヴァイオリン)
ラ・ピエタ

【録音】
2013年11月、シューリック・スクール・オヴ・ミュージック、マギル大学(モントリオール、ケベック、カナダ)

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Bioshock: The Ocean on His Shoulders / Pairbond

    2.

    The Man Who Cried: Close Your Eyes

    3.

    The Distance Between

    4.

    Postcards from the Sky: Unfolding Sky

    5.

    Kikujiro: The Rain

    6.

    Morning Has Broken

    7.

    Mario: Mario

    8.

    Addio Monti (Promessi Sposi)

    9.

    Appalachia Waltz

    10.

    Fujiyama

    11.

    The Desert and the Parched Land

    12.

    Bibo No Aozora

    13.

    Tony Takitani: Solitude

    14.

    Woman - She Was Waiting for Her Mother at the Station in Torino and You Know I Love You Baby But It'