ショッピングカート
クラシック
CD
Masanori Kato: Aizu Opera Byacco
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2014年01月31日

規格品番

ALT275

レーベル

Altus

SKU

4543638802753

作品の情報
あらすじ
第一幕
〈第一場〉
戊辰戦争。若き白虎隊士中二番隊が飯盛山で集団自決してから約60年が経過している。そこに一人生き残った飯沼貞雄(もとは飯沼貞吉。改名して貞雄に)。仲間の鎮魂を願いつつ子守歌【飯沼貞雄のソロ「会津の子守歌」】を歌う。

〈第二場〉
慶応四年八月二十二日の朝。西軍(新政府軍)の行軍歌が聞こえてくる【混声合唱「宮さん、宮さん」】。とうとう飯沼貞吉の属する白虎隊にも出撃命令が下る。貞吉は伯父である西郷頼母の屋敷に赴き、頼母の妻、千重子に暇乞いをする。武家の女として千重子は、貞吉に武士として立派に死ぬよう諭す。【西郷千重子のソロ「貞吉、あなたは会津武士」】もとより貞吉もそのつもりである。

〈第三場〉
同日、同場所。千重子は貞吉に西郷頼母にも暇乞いをするよう促すが、貞吉はこれを拒む。頼母が恭順説を説き謹慎させられていることを、貞吉は恥ずべきことと考えていたからである。そこに西郷頼母が登場。会津武士としての誇りは、生き様は…。もともと尊敬していた伯父、頼母の言葉が貞吉の心に刺さる【西郷頼母のソロ「あの白雲を見よ」】

第二幕
〈第一場〉
慶応四年八月二十二日の午後。死を覚悟した会津の人々の慟哭の声がする【混声合唱「たとえ命が尽きるとも」】。そこに頼母の言葉を反芻し葛藤する貞吉。武士の道とは…【西郷頼母と飯沼貞吉の二重唱「命捨てることが真の勤めか」】。そしてとうとう西軍が会津城下に。

〈第二場〉
西郷頼母の屋敷では、残された女たちが「生きて敵から恥辱を受けるのも許しがたし」と、武家の女の生き方として自決を決意。子らと共に壮絶な自決を果たす【西郷千恵子の自決「なよ竹の風にまかする身ながらも…」】。

〈第三場〉
そして同じ頃、飯盛山には疲弊しきった白虎隊の面々。西軍に踏みにじられた会津城下を見て次々と自決する。貞吉も母からもらった歌を吟じた後、刃を喉につきたてるが…【飯沼貞吉の自決「梓弓向う矢先はしげくとも…」】。〈第四場〉会津藩降伏後の飯盛山。生き延びた貞吉。仲間の死を嘆き、生き延びたことを悔やんでいるが、仲間の死に様を前に再び武士の道について考える貞吉。思い出される頼母の言葉、千重子の思い。貞吉は白虎の魂を内に秘め、生きることを決意し、鎮魂の子守歌を歌う。
メイン
その他
アンサンブル
演奏者
黒田博
作曲
脚本
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
オペラ「白虎」全二幕

【演奏】
飯沼貞吉(テノール):経種廉彦
飯沼貞雄(貞吉)(バス): 高橋啓三
西郷頼母(バリトン): 黒田博
西郷千重子(ソプラノ): 腰越満美
オペラ白虎合唱団、オペラ白虎特別編成オーケストラ
指揮・芸術監督:佐藤正浩

演出:岩田達宗
制作統括:石原貴之
エグゼクティブプロデューサー:池田卓夫

【録音】
2012年7月29日、會津風雅堂(ライヴ)
    • 1.
      [CD]
レビュー
  • 福島-Fukushima-復興・復活オペラプロジェクトとして作曲され、また2013年の大河ドラマでも取り上げられた白虎隊の史実を元にした作品として、様々な方面から絶賛されたオペラが遂に音源化されました。分かり易さとドラマ性を生かした音楽は元の史実を生かし切るだけでなく、圧倒的な存在感を残していく。『ならぬものはならぬものです!』での入魂の歌唱は必聴と言っていい。
    intoxicate (C)大場健

    タワーレコード (vol.108(2014年2月20日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
27pt
販売価格(税込)
¥ 3,509
¥ 526(15%)オフ
¥ 2,983
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:14日~35日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加