こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

【CD】

Chopin: Piano Concertos No.1 & No.2

オルガ・シェプスマティアス・フォレムニーシュトゥットガルト室内管弦楽団

  • オンラインキャンペーン価格
    クラシック スペシャルプライス15%オフ

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,689
  • セール価格(税込)
    ¥2,286
    ¥403 (15 %) オフ
  • ポイント数
    21 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Chopin: Piano Concertos No.1 & No.2

オルガ・シェプス

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2014年01月21日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

RCA Red Seal

規格品番

88843011702

商品の紹介

  • 1986年モスクワ生まれで、現在ドイツを拠点に活動しているオルガ・シェプスのソニークラシカルへの4枚目のアルバムです。デビュー・アルバムでもシェプスと親和性の高さを証明したショパン作品の第2弾となりますが、今回は何と2曲のピアノ協奏曲の弦楽合奏版という変わり種が登場します。第1番はリヒャルト・ホフマンが編曲した弦楽五重奏による伴奏版をもとに、また第2番はスペインのマヨルカ島を活動の拠点としているイスラエルのベテラン・ピアニスト、イラン・ロゴフによるピアノ五重奏版をもとにして、それぞれ室内オーケストラ規模の弦楽合奏による伴奏という形で演奏している点が聴きどころです。シェプスは、特にロマン派や母国ロシアの作品には、「熱いエネルギーを注ぎこんだ燃焼度の高い極上のピアノ演奏」と評され、アリス=紗良・オットと2010年度エコー賞を二分したほどの実力を持ち、すでにヨーロッパでは人気のピアニスト。深い抒情だけでなく、広がりと開放感を合わせもった香り高いショパンを表現しています。共演は、LP時代はミュンヒンガーの指揮で知られたドイツ室内オーケストラの古参・シュトゥットガルト室内管弦楽団。指揮は現在の首席指揮者のマティアス・フォレムニーという万全の布陣です。
    ソニー・ミュージック

    発売・販売元 提供資料 (2013/12/06)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
ショパン:
『ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11』
[弦楽合奏伴奏版/リヒャルト・ホフマン編曲による弦楽五重奏版に基づく]
『ピアノ協奏曲第2番ヘ短調Op.21』
[弦楽合奏伴奏版/イラン・ロゴフ編曲によるピアノ五重奏版に基づく]

【演奏】
オルガ・シェプス(P)
マティアス・フォレムニー(指揮) シュトゥットガルト室内管弦楽団

【録音】
2013年9月 SWR放送スタジオ (デジタル:セッション)

  1. 1. [CD]