こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【SACDハイブリッド】

M.A.Turnage: Speranza, From the Wreckage

ダニエル・ハーディングロンドン交響楽団

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!
  • クラシック輸入盤プライスオフ
    ラトル&LSO来日記念セール

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,581
  • セール価格(税込)
    ¥1,272
    ¥1,309 (51 %) オフ
  • ポイント数
    11 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2014/01/25

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

LSO Live

規格品番

LSO0744

商品の紹介

  • ハーデンベルガーの妙技光るターネイジの世界
    SACDハイブリッド盤。ハーディングとロンドン交響楽団がターネイジ作品に挑戦しました。マーク=アンソニー・ターネイジは1960年生まれの英国作曲家。ストラヴィンスキー、ブリテン、ヘンツェに私淑しながらマイルス・デイヴィスに傾倒、本物のモダンジャズを作曲できる数少ないクラシック作曲家とみなされています。また、ホルストの「惑星」の続編として準惑星「ケレス(セレス)」を作曲しており、天体オタクからも注目されています。
    「残骸から」は、2005年に名手ホーカン・ハーデンベルガーのために作曲されたトランペット協奏曲。通常のトランペットのほか、フリューゲルホルン、ピッコロ・トランペット持ちかえ、暗闇から光明への葛藤を描いています。ジャズの要素も濃く、マイルス・デイヴィスが現代作品を吹くかのような趣となっていますが、ハーデンベルガーが驚愕の巧さで、鮮やかなテクニックと歌い回しが光ります。
    2012の最新作「スペランツァ」は4楽章から成る40分の大作。タイトルは「希望」を意味するイタリア語ですが、内容はセーヌ川で自殺したルーマニア系ユダヤ人作家パウル・ツェラン(1920-1970)の文学を背景にしています。第1曲にはパレスチナの聖歌、第2曲にはイスラエルのわらべ歌、4曲にはユダヤ民謡が引用されていますが、全体は映画音楽風で色彩的。
    ハーディングもジャズ的なノリの良さ全開。いともカッコいい現代音楽となっています。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2013/11/25)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:56:00

録音 | ステレオ (Live)


【曲目】
ターネイジ:
(1)残骸から
(2)スペランツァ

【演奏】
ホーカン・ハーデンベルガー(Trp)
ダニエル・ハーディング (指揮) ロンドン交響楽団

【録音】
2013年2月5、7日
バービカン・ホール(ライヴ)

  1. 1. [SACDハイブリッド]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    From the Wreckage

    close

    2.

    Speranza: 1. Amal

    close

    3.

    Speranza: 2. Hoffen

    close

    4.

    Speranza: 3. Dochas

    close

    5.

    Speranza: 4. Tikvah

    close