こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ソウル/クラブ/ラップ

【CD】

Hide

The Bloody Beetroots

  • オンラインキャンペーン価格
    発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ

販売中

在庫あり

発送までの目安:3日~5日

※店舗から取り寄せる商品となります

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥2,299
  • セール価格(税込)
    ¥2,069
    ¥230 (10 %) オフ
  • ポイント数
    18 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Hide

The Bloody Beetroots

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2013年09月17日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (ヨーロッパ盤)

レーベル

Ultra Records

規格品番

88883765872

商品の紹介

  • イタリアはミラノ発、ボブ・リフォによるエレクトロ・パンク・プロジェクトの2作目!レイヴ、アシッドハウス、ロックなどをアグレッシブに盛り込んだ音楽性がスティーヴ・アオキの目に留まりDim Makからデビュー。今回のアルバムからはなんとポール・マッカートニーの歌声を引用した"Out of Sight"が話題!モトリー・クルーのトミー・リーも参加。
    オススメ曲 (2)(6)(11)

    タワーレコード (2013/09/18)

レビュー

  • パンキッシュなエレクトロ・サウンドで痛快に大バコを揺らしてきたボブ・リフォのプロジェクト。その2作目は引き続きディムマックから。ポール・マッカートニーやトミー・リーら予期せぬ大御所たちの参加も浮かせることなく、アヴィーチーと並んで昨今のEDMのポップ・ミュージックとしての機能を踏襲した仕上がり……とゴタクを並べる前に騒いで踊り出したくなるのだから、その本能を隠すことなく楽しむべき作品!
    bounce (C)ヌーディーマン

    タワーレコード (vol.360(2013年10月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:03:23

Recording information: Atrium Studios, Los Angeles, CA; Downtown Studios, New York, NY; Jungle Sound Studios, Milan; RAK Studios, London; The Mill Studios, Rye; Woodcliff Studios, Los Angeles, CA. Giving folks like Steve Aoki, Junkie XL, and David Guetta some serious competition, Italian producer Sir Bob Cornelius Rifo gets with the "star-studded guest list" program on the Bloody Beetroots' sophomore album, Hide, but take that heavy metal-like cover artwork seriously because this is the angry electro equivalent. Call it dance-punk, aggressive electro-house, or the most excessive EDM ever, the Beetroots like to rip the speakers with crisp shards of live guitar, sampled guitar, and over-compressed synth, and with four-on-the-floor drumbeats thudding and booming underneath. For safety's sake, run to the bunker before the aptly titled "Raw" comes on with its dinosaur stomp and wall of guitars, but like Dada Life, Skrillex, and even Fatboy Slim, Rifo digs a good joke on top of his floor-filler and a guest appearance by Tommy Lee from Motley Crue ("What the f*ck is this? F*ckin' disco music?? What's next, some cheesy little lead synth?," and then, there is) is nothing but. The biggest news is that there's a Beatle present as Sir Paul McCartney brings his frequent collaborator, producer/musician Youth, along for a moody and flashy possible James Bond movie theme called "Out of Sight," and while the Twitter set might not get it, Peter Frampton showing up with his trademark voice-box effect is a squawky delight the old-timers will embrace on "The Beat." P-Thugg from Chromeo is a perfect fit for the aggro-funk highlight "Please Baby," and then there's the album's secret weapon, the chilled "Glow in the Dark," where vocalist Sam Sparro yearns like Prince on a lonely Friday night right round 1999, album side number three. That's a lot of choice material, but the elaborate effort becomes overwhelming at 15 cuts long, maybe even pummeling. Carve out a killer EP or sign up for the full, exhausting experience; either way, Hide is an overdriven thrill ride with smart use of star power. Every Venom-masked raver should know. ~ David Jeffries

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Spank - (featuring Bart B More/Tai)

    2.

    Raw

    3.

    Runaway

    4.

    Chronicles of a Fallen Love

    5.

    Furious, The - (featuring Penny Rimbaud)

    6.

    Out of Sight - (featuring Paul McCartney/Youth)

    7.

    Albion - (featuring Junior)

    8.

    Reactivated [Extended]

    9.

    All the Girls (Around the World) - (featuring Theophilus London)

    10.

    Please Baby - (featuring P-Thugg)

    11.

    Glow in the Dark

    12.

    Source, The (Chaos & Confusion)

    13.

    Beat, The - (featuring Peter Frampton)

    14.

    Rock Steady

    15.

    Volevo un Gatto Nero (You Promised Me Bob Rifo) - (featuring Gigi Barocco)