こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【SACDハイブリッド】

Szymanowski: Symphony No.3, No.4, Stabat Mater Op.53

ワレリー・ゲルギエフロンドン交響楽団

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!
  • クラシック輸入盤プライスオフ
    ラトル&LSO来日記念セール

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:14日~35日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥2,581
  • セール価格(税込)
    ¥1,272
    ¥1,309 (51 %) オフ
  • ポイント数
    11 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2013/08/09

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

LSO Live

規格品番

LSO0739

商品の紹介

  • 妖しさ漂うLSOの機能全開ゲルギエフ会心のシマノフスキ

    ★SACDハイブリッド盤。ゲルギエフとロンドン交響楽団は、2012年シーズンでシマノフスキとブラームスの交響曲を対比上演するという試みを行いました。かたやポーランド近代、かたや純ドイツ・ロマン派と、交響曲を4篇残していること以外共通する点のないふたりの作曲家ですが、ゲルギエフにとって初レパートリーだけに興味津々。今回のアルバムはシマノフスキ作品のみ、ソリストとオーケストラのための3篇が収められています。

    ★カロル・シマノフスキ(1882-1937)は近代ポーランドを代表する作曲家ですが、生まれ育ちはウクライナ。ロシア・ピアニズムの源流ゲンリヒ・ネイガウスが従兄弟、ホロヴィッツの師だったピアニストで作曲家のフェリクス・ブルーメンフェルトが叔父という、ロシア音楽史から見ても特別な家柄の出です。それゆえか、彼の音楽はポーランドの演奏家のみならず、ロシアの大物たちに愛奏される歴史があり、リヒテルやオイストラフも素晴らしい録音を残しています。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2013/07/11)

  • ★交響曲第3番「夜の歌」は、13世紀ペルシャの詩人ジャラール・ウッディーン・ルーミーの詩をドイツ語からの重訳でポーランド語訳された歌詞によるテノールと合唱付きのオラトリオ風作品で、神秘的で扇情的な歌詞とスクリャービン風の官能性に満ちた音楽。この曲の初演は、1916年11月にアレクサンドル・ジロティ(ラフマニノフの従兄のピアニストで指揮者)の指揮で予定されていましたが延期となり、1921年11月にロンドンにてアルバート・コーツ指揮ロンドン交響楽団により行われました。コーツはロシア革命までマリインスキー劇場の首席指揮者を務めたゲルギエフの大先輩でもあり、同じLSOを指揮しての演奏など、ゲルギエフならびにロシアとの縁の深さに興味津々。極めて大編成で、たくさんの声部による精緻を極めた織物ですが、まさにゲルギエフの真骨頂、驚くべきバランス感覚と統率力で完璧に再現しています。独唱のトビー・スペンスはイギリスのテノール。明るくさわやかな美声がかえってこの作品の変態性を際立たせています。

    ★交響曲第4番は、「協奏交響曲」と呼ばれるピアノとオーケストラのための作品。シマノフスキの晩年にあたる1932年に作曲され、親友の大ピアニスト、アルトゥール・ルービンシュタインに捧げられました。通常のピアノ協奏曲よりもオーケストラの比重が高く、まさに立派な交響曲となっています。マツーエフの師ナセトキンはゲンリヒ・ネイガウスの弟子であり、まさに直系の独奏者。あいかわらずの物凄いテクニックで、ポーランド民俗舞曲に基づくフィナーレなど、プロコフィエフの音楽のようで鮮烈です。ここでもゲルギエフのバランス感覚とLSOの巧さが光ります。

    ★1926年作の「スターバト・マーテル」は、宗教音楽ながらポーランドの民俗音楽の要素濃厚な、シマノフスキ後期の傾向が明瞭な作品。シマノフスキの古代趣味の表れのひとつである16世紀ルネサンス音楽への傾倒が見てとれます。独唱も合唱もポーランド語により、非常に感動的です。

    ★ゲルギエフはシマノフスキの音楽について、「広く聴かれ、認められるのが当然なだけでなく、その音楽で20世紀音楽の発展をより良く理解する絶好の機会だ」と絶賛しています。シマノフスキの交響曲第3番と4番はこれだけ持っていれば充分な決定盤の登場と申せましょう。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2013/07/11)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:10:00


【曲目】
シマノフスキ:
(1)交響曲第3 番Op.27「夜の歌」
(2)協奏交響曲(交響曲第4番Op.60)
(3)スターバト・マーテルOp.53(ポーランド語歌唱)

【演奏】
トビー・スペンス(Ten) (1)(3)
デニス・マツーエフ(Pf) (2)
サリー・マシューズ(Sop) (3)
エカテリーナ・グバノワ(Ms) (3)
コスタス・スモリギナス(Br) (3)
ワレリー・ゲルギエフ (指)
ロンドン交響楽団、同合唱団、サイモン・ハルジー(合唱指揮)

【録音】
2012年12月、2013年3月 バービカン・ホール(ライヴ)

  1. 1. [SACDハイブリッド]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Symphony No. 3 in B flat major "Song of the Night", Op, 27: Moderato assai -

    close

    2.

    Symphony No. 3 in B flat major "Song of the Night", Op, 27: Allegretto tranquillo -

    close

    3.

    Symphony No. 3 in B flat major "Song of the Night", Op, 27: Largo

    close

    4.

    Stabat Mater, Op. 53: 1. Stala Matka bolejaca (Stabat mater dolorosa)

    close

    5.

    Stabat Mater, Op. 53: 2. I ktoz widzial tak cierpiaca (Quis est homo qui non fleret)

    close

    6.

    Stabat Mater, Op. 53: 3. O Matko Zrodlo Wszechmilosci (O, Ela, Mater, fons amoris)

    close

    7.

    Stabat Mater, Op. 53: 4. Spraw niech placze z Toba razem (Fac me tecum pie flere)

    close

    8.

    Stabat Mater, Op. 53: 5. Panno slodka racz mozolem (Virgo virginum praeclara)

    close

    9.

    Stabat Mater, Op. 53: 6. Chrystus niech mi bedzie grodem (Christe, cum sit hinc exire)

    close

    10.

    Symphony No. 4 "Symphonie Concertante", Op. 60: Moderato

    close

    11.

    Symphony No. 4 "Symphonie Concertante", Op. 60: Andante molto sostenuto

    close

    12.

    Symphony No. 4 "Symphonie Concertante", Op. 60: Allegro non troppo

    close