こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

全ての画像を見る

クラシック

  • 国内クラシック

ジャンル別のオススメ

【SACDハイブリッド】

J.S.Bach: Secular Cantatas Vol.3

鈴木雅明バッハ・コレギウム・ジャパン

  • ポイント10倍

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥3,013
  • セール価格(税込)
    ¥2,471
    ¥542 (18 %) オフ
  • ポイント数
    22 ポイント →今なら228 ポイント!

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2013/05/30

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

BIS

規格品番

BISSA2041

商品の紹介

  • ついに結婚カンタータの「しりぞけ、もの悲しき影」が登場!
    BCJによる至福の世俗カンタータ第3集

    ★SACDハイブリッド盤。BCJの世俗カンタータの第3集は通称「結婚カンタータ」で知られる「しりぞけ、もの悲しき影」BWV202を含む至福のカンタータ集。今回も充実ソリスト陣で澄み切った美しい声が魅力のジョアン・ランや実力派バリトン歌手ロデリック・ウィリアムズなど満を持してのキャスティングです。
    ★「いとも尊きレーオポルト殿下よ」BWV173aはケーテン侯レーオポルトの誕生日祝賀用の作品です。バッハのカンタータの中で横型フルートが用いられるのは、この作品が初めてとされています。「しりぞけ、もの悲しき影」BWV202はソプラノ独唱のための結婚カンタータです。ジョアン・ランの透き通るような声とそれを包み込むようなBCJの演奏には脱帽です。「喜び勇みて羽ばたき昇れ」BWV36cはBWV36関連作品の第1稿で、年配の大学教授の誕生日を祝うための作品と考えられており、1725年ライプツィヒで書かれた作品とされております。最後の「クォドリベット」BWV524は複数の俗謡を同時に歌って、即興的なハーモニーを作り出す曲で、誰かの結婚祝いの際に歌われたと推測されています。偽作説もありますがそれぞれの声部のかけ合いが美しい曲です。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2013/05/10)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:17:00


『J.S.バッハ: 世俗カンタータVol.3』

【曲目】
J.S.バッハ:
(1) いとも尊きレーオポルト殿下よ BWV173a
(2) しりぞけ、もの悲しき影 BWV202
(3) 喜び勇みて羽ばたき昇れ BWV36c
(4) クォドリベット(断片) BWV524

【演奏】
鈴木雅明(指揮) バッハ・コレギウム・ジャパン
ジョアン・ラン(sop)
青木洋也(C-T)
櫻田亮(tr)
ロデリック・ウィリアムズ(br)
三宮正満(オーボエ、オーボエ・ダ・モーレ)
若松夏美(ヴァイオリン&ヴィオラ・ダ・モーレ)

【録音】
2012年7月 しらかわホール、名古屋

  1. 1. [SACDハイブリッド]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Durchlaucht'ster Leopold

    close

    2.

    Guld'ner Sonnen frohe Stunden

    close

    3.

    Leopold's Vortefflickeiten

    close

    4.

    Unter seinem Purpursaum ist die Freude

    close

    5.

    Durchlauchtigster, den Anhalt Vater nennet

    close

    6.

    So schau' dies holden Tages Licht

    close

    7.

    Dein name gleich der Sonnen geh'

    close

    8.

    Nimm auch, grosser Furst, uns auf

    close

    9.

    Weichet nur, betrubte Schatten

    close

    10.

    Die Welt wird wieder neu

    close

    11.

    Phoebus eilt mit schnellen Pferden

    close

    12.

    Drum sucht auch Amor sein Vergnugen

    close

    13.

    Wenn die Fruhlingslufte streichen

    close

    14.

    Und dieses ist das Glucke

    close

    15.

    Sich uben im Lieben, in Scherzen sich herzen

    close

    16.

    So wei das Band der keuschen Liebe

    close

    17.

    Sehet in Zufriedenheit tausend helle Wohlfahrstage

    close

    18.

    1. Schwingt freudig euch empor

    close

    19.

    2. Ein Herz, in zartlichem Empfinden

    close

    20.

    3. Die Liebe fuhrt mit sanften Schritten

    close

    21.

    4. Du bist es ja, o hochverdienter Mann

    close

    22.

    5. Der Tag, der dich vordem gebar

    close

    23.

    6. Nur dieses Einz'ge sorgen wir

    close

    24.

    7. Auch mit gedampften, schwachen Stimmen

    close

    25.

    8. Bei solchen freudenvollen Stunden

    close

    26.

    9a. Wie die Jahre sich erneuen, so erneue sich dein Ruhm

    close

    27.

    Was sind das fur grosse Schlosser

    close