こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【SACDハイブリッド】

Weber: Der Freischutz

コリン・デイヴィスロンドン交響楽団

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!
  • クラシック輸入盤プライスオフ
    ラトル&LSO来日記念セール

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥4,309
  • セール価格(税込)
    ¥2,035
    ¥2,274 (53 %) オフ
  • ポイント数
    18 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2013/05/16

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

2

製造国

輸入

レーベル

LSO Live

規格品番

LSO0726

商品の紹介

  • 巨匠22年ぶりの再録音
    デイヴィス&LSOによるヴェーバーの「魔弾の射手」

    2012年秋に85歳を迎えたコリン・デイヴィスを記念するリリースが続くLSO Live。最新アルバムは、デイヴィス指揮によるヴェーバーのオペラ「魔弾の射手」全曲。前作ベルリオーズの「レクィエム」より2か月ほど前の、2012年の4月19日と21日に、本拠バービカン・ホールで行われた演奏会形式による上演の模様をライヴ収録したものです。
    デイヴィス指揮の「魔弾の射手」といえば、1990年1月にドレスデンのルカ教会でシュターツカペレ・ドレスデンを指揮して全曲のセッション録音をおこなっていたので、デイヴィスにとっては22年ぶり2種目の録音ということになります。
    マクミランへの委嘱作やニールセンの交響曲のように、デイヴィスはあらたなレパートリーに対して情熱を傾けつつ、そのいっぽうでこれまでの長きに亘るキャリアを通じて解釈を深めてきたベルリオーズやシベリウスといった納得のプログラムの総仕上げをおこなってもきました。
    そうしたなかで、2006年にデイヴィスがLSOのプレジデントに就任したあたりから現在まで、いずれのケースにおいても桁違いの充実ぶりを示してきたのは、この間に構築したディスコグラフィを通じて確かめられるところで、このたびの演奏内容についても、やはりその出来ばえにはすばらしいものがあります。
    それにしても、これから繰り広げられる場面のテーマをたくみに散りばめた「序曲」といい、楽譜に書き留められたうちでもっとも邪悪で残忍な描写として名高い「狼谷の場面」における緊迫感とボルテージといい、デイヴィスは年輪を重ねてかえってなおもエネルギッシュでみずみずしく、想像をはるかに上回る圧倒的な音楽で満たしています。
    意外なことに、これが初の「魔弾の射手」全曲録音となるLSOにしても、2000年以降の毎シーズン必ずコンサート形式でのオペラ上演に取り組んで着実に実績を重ねており、その結果生み出されたベルリオーズやベートーヴェンのオペラ録音が物語るように、デイヴィスとの呼吸も申し分ありません。
    さらに、主要キャストも、マックスのサイモン・オニール(「オテロ」)、アガーテのクリスティーン・ブルーワー(ヴェルディの「レクィエム」)、エンヒェンのサリー・マシューズ(「天地創造」)という具合に、過去のLSO Liveのリリースで起用されたデイヴィスのお気に入りで固められ、巨匠の信頼にみごとに応えています。
    ドイツ・ロマン派オペラの幕開けを告げ、来たるワーグナーへの道筋を準備した画期的な傑作の魅力を余すところなく引き出したデイヴィス率いるLSOによる「魔弾の射手」。ここにまたひとつデイヴィスを代表するアルバムが加わったといえるでしょう。
    なお、このたびの上演に際して、オリジナルのドイツ語歌唱に並行して、アマンダ・ホールデンによる新英語訳のナレーションを、英国の名優マルコム・シンクレアが語るというスタイルが採用され、物語のスムーズな進行と理解に役立っていました。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2013/03/12)

作品の情報

収録内容

構成数 | 2枚

合計収録時間 | 02:03:00

録音 | ステレオ (---)


【曲目】
ヴェーバー: 歌劇「魔弾の射手」(全曲)[ドイツ語歌唱]
【演奏】
サイモン・オニール(テノール: マックス)
ラルス・ヴォルト(バス‐バリトン: カスパール)
クリスティーン・ブルーワー(ソプラノ: アガーテ)
サリー・マシューズ(ソプラノ: エンヒェン)
シュテファン・ローゲス(バス‐バリトン: オットカール/ザミエル)
マーティン・スネル(バス: クーノー)
マーカス・ファーンズワース(バリトン: キリアン)
ギドン・サクス(バス: 隠者)
ルーシー・ホール(ソプラノ: 花嫁に付き添う4 人の乙女)
マルコム・シンクレア(語り)
ロンドン・シンフォニー・コーラス
サー・コリン・デイヴィス(指揮) ロンドン交響楽団
【録音】
2012年4月19日&21日 ロンドン、バービカン・ホール(演奏会形式によるライヴ上演)
プロデューサー: ジェイムズ・マリンソン
エンジニア: ジョナサン・ストークス& ニール・ハッチンソン

  1. 1. [SACDハイブリッド]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Der Freischutz: Overture

    close

    2.

    Der Freischutz: Act 1. No. 1. Introduction. Victoria, der Meister soll leben

    close

    3.

    Der Freischutz: Act 1. No. 2. Terzett mit Chor. O! diese Sonne!

    close

    4.

    Der Freischutz: Act 1. No. 3. Scene, Walzer und Arie. Nein! langer trag' ich nicht die Qualen

    close

    5.

    Der Freischutz: Act 1. No. 4. Lied. Hier im ird'schen Jammerthal

    close

    6.

    Der Freischutz: Act 1. No. 5. Arie. Schweig'! Schweig'! damit dich niemand warnt

    close

    7.

    Der Freischutz: Act 2. No. 6. Duett. Schelm! halt fest!

    close

    8.

    Der Freischutz: Act 2. No. 7. Ariette. Kommt ein schlanker Bursch gegangen

    close

    9.

    Der Freischutz: Act 2. No. 8. Scene und Arie. Wie nahte mir der Schlummer

    close

    10.

    Der Freischutz: Act 2. No. 9. Terzett. Wie? Was? Entsetzen!

    close

  2. 2. [SACDハイブリッド]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Der Freischutz: Act 2. No. 10. Finale - Die Wolfsschlucht. Milch des Mondes fiel aufs Kraut

    close

    2.

    Der Freischutz: Act 3. No. 11. Entre-Acte

    close

    3.

    Der Freischutz: Act 3. No. 12. Cavatine. Und ob die Wolke sie verhulle

    close

    4.

    Der Freischutz: Act 3. No. 13. Romanze und Arie. Einst traumte meiner sel'gen Base

    close

    5.

    Der Freischutz: Act 3. No. 14. Volkslied. Wir winden dir den Jungfernkranz

    close

    6.

    Der Freischutz: Act 3. No. 15. Jagenchor. Was gleicht wohl auf Erden dem Jagervergnugen

    close

    7.

    Der Freischutz: Act 3. No. 16. Finale. Schaut, o schaut, er traf die eig'ne Braut!

    close