こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

クラシック

【CD】

マーラー:交響曲第9番<タワーレコード限定>

エリアフ・インバル日本フィルハーモニー交響楽団

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥2,160
  • ポイント数
    20 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


マーラー:交響曲第9番<タワーレコード限定>

エリアフ・インバル

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※解説: 森泰彦氏、解説書全8ページ

商品の情報

発売日

2012年12月19日

フォーマット

CD

構成数

2

製造国

国内

レーベル

COLUMBIA X TOWER RECORDS/The Valued Collection

規格品番

TWCO-33

商品の紹介

  • 日本はインバルにより30年以上も前からマーラーの薫陶を受けていた!
    1979年11月、伝説の日フィル定期演奏会ライヴが再現!
    インバルは1970年代から日本のオケに客演しており、マーラーも都度取り上げていました。まだブームが来る前とはいえ、日本の聴衆はその後30年以上にわたってインバルからマーラーの教えを受けているのです!この1979年のライヴは現在でも語り草になっている超絶的名演。これまで1度しか発売されていない名盤が、16年振りに復刻!
    日本でのマーラー9番の演奏史は浅く、1967年にコンドラシン/モスクワ・フィルにより初演されて以降、1970年のバースンタイン/ニューヨーク・フィルの超絶的名演と、同じく1985年イスラエル・フィルとの伝説的名演に並び、このインバル/日本フィルの9番も日本での演奏史上、重要な演奏のひとつに違いありません。しかも日本のオケとの演奏ということになると、まだ日本初演から10数年しか経過していない中で行われたこの演奏は、日本でのマーラー演奏史上、まさに白眉と言えるのではないでしょうか。日本のオケによる、まだマーラー・ブーム以前のこの演奏はその意味でも興味深い記録です。
    尚、当時のインバル客演時の詳細は、ブックレットの解説に詳しく掲載されています。

    タワーレコード (2012/11/21)

作品の情報

収録内容

構成数 | 2枚

合計収録時間 | 01:21:39


【収録曲】
マーラー: 交響曲第9番
<DISC1>
1. 第1楽章
2. 第2楽章

<DISC2>
3. 第3楽章
4. 第4楽章

【演奏】
エリアフ・インバル (指揮)
日本フィルハーモニー交響楽団

【録音】
1979年11月19日、東京文化会館ライヴ

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    交響曲 第9番 I-アンダンテ・コモド

    00:26:56

    close

    2.

    交響曲 第9番 II-ゆるやかなレントラー風のテンポで いくぶん歩くように そしてきわめて粗野に

    00:16:34

    close

  2. 2. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    交響曲 第9番 III-ロンド-ブルレスケ; アレグロ・アッサイ きわめて反抗的に

    00:12:43

    close

    2.

    交響曲 第9番 IV-アダージョ

    00:25:25

    close