こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

  • 古楽・バロック

【SACDハイブリッド】

Where Late the Sweet Birds Sang - R.Parsons, R.White, W.Byrd

フィリップ・ケイヴマニフィカト

  • クラシック輸入盤プライスオフ
    LINN Records 厳選セール

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:2日~14日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥3,121
  • セール価格(税込)
    ¥2,096
    ¥1,025 (33 %) オフ
  • ポイント数
    19 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Where Late the Sweet Birds Sang - R.Parsons, R.White, W.Byrd

フィリップ・ケイヴ

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2018年10月01日

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Linn

規格品番

CKD417

商品の紹介

  • マニフィカトが歌うイギリスの教会音楽。
    チューダー朝時代のラテン語の作品集!

    ■元タリス・スコラーズのテノール、フィリップ・ケイブが指揮するイギリスのア・カペラ・グループ、マニフィカト。
    代表盤であるタリスの「40声のモテット」(CKD 233)で圧倒的名唱を聴かせてくれたマニフィカトが、イギリス、チューダー朝(エリザベス朝)時代に活躍した3人の大作曲家、ウィリアム・バード(c.1540-1623)、ロバート・ホワイト(c.1538-1574)、ロバート・パーソンズ(c.1535-c.1572)のラテン語による教会音楽を歌う!

    ■マニフィカトが歌うバード、ホワイト、パーソンズの教会音楽には優れた対位法が発揮されており、カトリックと英国国教会が両立した時代におけるラテン語の名作である。
    マニフィカトのハーモニーの全てを捉えるリン(Linn)の優秀録音が、今回も絶大な効果をもたらしてくれることだろう。
    東京エムプラス

    発売・販売元 提供資料 (2012/09/12)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:15:00


『鳥の歌いまは絶え ~ チューダー朝時代のラテン語の音楽』
【曲目】
バード:光なり日なるキリスト
ホワイト:エレミアの哀歌
パーソンズ:アヴェ・マリア
バード:主よ、御身の神殿に住まんとするは誰か
パーソンズ:主よ、御身の神殿に住まんとするは誰か
バード:われらはいかに主の歌を歌わん、エレミアの哀歌
ホワイト:光なり日なるキリスト(Ⅳ)
【演奏】
マニフィカト
フィリップ・ケイブ(指揮)

  1. 1. [SACDハイブリッド]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Christe qui lux es et dies

    close

    2.

    Lamentations a5

    close

    3.

    Ave Maria

    close

    4.

    Domine, quis habitabit

    close

    5.

    Domine, quis habitabit

    close

    6.

    Quomodo cantabimus

    close

    7.

    De Lamentatione

    close

    8.

    Christe qui lux es et dies (4)

    close