ショッピングカート
クラシック
SACD
ブルックナー: 交響曲第8番 (ノヴァーク版第2稿)
★★★★★
★★★★★
0.0

・現在オンラインショップではご注文ができません

在庫状況 について

商品の情報

フォーマット

SACD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2011年07月19日

規格品番

NF51203

レーベル

fine NF

SKU

4580107740352

スペック

Stereo+5.1 Surround

作品の情報
メイン
その他
商品の紹介
東京交響楽団創立65周年
前作のブルックナー交響曲第7番は、第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞の<最優秀アルバム賞>(クラシック日本人演奏部門)と<最優秀録音賞>の2つの部門でダブル受賞に輝くなど、演奏、録音の両面で高い評価を得ましたが、それに続くスダーン指揮東京交響楽団のブルックナー録音第2弾は、交響曲第8番!
ユベール・スダーンは、13年間にわたるザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の音楽監督を経て、2004年に東京交響楽団の音楽監督に就任しました。スダーンはハイドンをその出発点と定め、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典作品を東京交響楽団のプログラムの中心に据え、さらには2008年度のシューベルト・チクルス、2009年度のシューマン&ブラームス・チクルスを展開し、楽団の実力を着実に高めてきました。ブルックナーの交響曲第8番は7番同様、本拠地ミューザ川崎シンフォニーホールで2日間にわたりセッション録音されました。スダーン氏が得意とするブルックナーの交響曲の中でも、「8番は最高傑作」と彼がもっとも愛する作品であり、ホールの響きを知りつくした指揮者とオーケストラによって、深い味わいのある熟成した響きがホール空間いっぱいに満たされました。

耳を傾けながら、指揮者のことも、オーケストラのことも忘れて、この畢生の交響曲の世界に浸りきり、感謝にも似た気持ちで心の営みに打ち震えた──諸石幸生
ユニバーサル ミュージック/IMS
発売・販売元 提供資料 (2011/06/21)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
ブルックナー:交響曲 第8番(ノヴァーク版 第2稿)
【演奏】
東京交響楽団
ユベール・スダーン(指揮)
【録音】
2010年11月25,26日 ミューザ川崎シンフォニーホール
    • 1.
      [SACD]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
38pt
販売価格(税込)
¥ 4,191
現在オンラインショップ取扱なし

欲しいものリストに追加

コレクションに追加