こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

書籍

【書籍】

貴志康一と音楽の近代

梶野絵奈長木誠司ヘルマン・ゴチェフスキ

現在オンラインショップ取扱なし

  • 価格(税込)
    ¥3,300

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


貴志康一と音楽の近代

梶野絵奈

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2011年05月25日

フォーマット

書籍

構成数

1

製造国

国内

レーベル

青弓社

規格品番

9784787273048

版型

A5判

ページ数

264ページ

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚

はじめに 梶野絵奈

第1部 貴志康一とは誰か

第1章 過渡期のヴァイオリニスト、その音と姿――成長の過程を通して 梶野絵奈

第2章 貴志康一が「作曲家」になるまで――学びの過程にみるその原像 堀内彩虹

第3章 ベルリンの日本人――貴志康一と「日本」の表象 中村 仁

第4章 「思ひ出づるまゝに」――随想の著述家、貴志康一 山上揚平

第2部 貴志康一の作品

第1章 「日本の洋楽」の音階と貴志康一の旋律 ヘルマン・ゴチェフスキ

第2章 歌曲について――その変遷と貴志の原風景 子安ゆかり

第3章 ヴァイオリン曲について――ヴィルトゥオーゾの技巧と作曲の融合 梶野絵奈

第4章 文化映画『鏡』、自画像を超えて――映画監督・貴志康一 白井史人

第5章 ゆれる「日本」像のなかで――標題交響曲『仏陀の生涯』 中村 仁/白井史

第6章 貴志康一とオペラ――『なみ子』~未完のプロジェクト 長木誠司

第3部 貴志康一と時代

第1章 「天才」少年少女の時代 伊藤由紀

第2章 欲望のコロニアルな対象――貴志康一の『鏡』と映画脚本『ニーナ』をめぐって 竹峰義和

第3章 貴志康一による音楽統制論の真意 岡野 宏

あとがき ヘルマン・ゴチェフスキ/長木誠司

  1. 1. [書籍]