こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

【CD】

The Complete RIAS Recordings 1948-1957

セルジュ・チェリビダッケベルリンRIAS交響楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  • オンラインキャンペーン価格
    クラシック スペシャルプライス15%オフ

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥4,849
  • セール価格(税込)
    ¥4,122
    ¥727 (15 %) オフ
  • ポイント数
    38 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


The Complete RIAS Recordings 1948-1957

セルジュ・チェリビダッケ

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2011年05月18日

フォーマット

CD

構成数

3

製造国

輸入

レーベル

Audite

規格品番

AU21406

スペック

モノラル

商品の紹介

  • ついにRIASオリジナル・マスターより望みうる最高の音質でのCD化が実現!
    「ベルリン時代のチェリビダッケ」
    抜群の高音質復刻で評判を呼ぶauditeの「ドイチュラントラジオ・クルトゥーア・エディション」に、またまた大物が登場します。チェリビダッケがベルリン・フィルほかを指揮したCD3枚組セットの内容は、1948年から1957年の間にRIASによってライヴならびにセッション収録されたすべての音源を集めたものです。
    ■チェリビダッケとベルリン・フィル
    セルジウ・チェリビダッケ(1912-1996)は、地元ルーマニアの大学で哲学と数学を学んだのち、1936年にベルリンに赴き、ベルリン音楽大学で、フーゴ・ディストラーに対位法を、クルト・トーマスとフリッツ・シュタインに音楽理論を、ヴァルター・グマインドルに指揮法を、そしてハインツ・ティーセンに作曲を師事しています。フルトヴェングラーを心から尊敬していたといわれるチェリビダッケは、第2次大戦後に指揮活動を禁止されたフルトヴェングラーの代役として、1945年にベルリン・フィルの首席指揮者として迎えられ、以後7年間ベルリン・フィルを指揮、1952年にフルトヴェングラーが終身首席指揮者として復帰した後も支え、1954年までベルリン・フィルの復興再建に尽力しました。
    ■キャリア初期の貴重なドキュメント
    チェリビダッケはごく少数の例外を除いて、レコーディングには否定的な立場を取り続けたことでもユニークな存在でした。ようやく死後に解禁された晩年のライヴ演奏では、ミュンヘン・フィルとのブルックナーなどに代表されるように、入念なリハーサルによる徹底して磨き抜かれた表現と、極端に遅いテンポの採用に特徴が顕著ですが、ここでは、オケに厳しいリハーサルを要求した「完璧主義者」チェリビダッケの一貫した姿勢が垣間見られると同時に、まだ比較的まともなテンポ設定で演奏が行われている点にも気付かされます。
    ■ガーシュウィン、ヒンデミットそしてラヴェル
    録音嫌いのチェリビダッケの遺したRIASのアーカイヴはキャリア初期のドキュメントとしても貴重なのはもちろんですが、その収録内容もベルリンで活躍していた時期ならではともいうべきたいへん興味深いものとなっています。ピアノの即興演奏などからも知られるように好んでいたガーシュウィンや、精妙なグラデーションにより、かねて得意なことで有名なラヴェル。演奏効果の上がることから、チェリビダッケがコンサートのオープニングのプログラムに組むことが多かった「アナクレオン」序曲のほか、ナチ政権下で演奏を禁じられていたヒンデミットと、その弟子ゲンツマーの作品などが取り上げられています。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2011/03/28)

  • ■「チェリビダッケの師」ティーセンによる作品
    上記のように、ベルリン音楽大学でティーセンに作曲を学んだチェリビダッケは、1957年、師ティーセンの70歳の誕生日の機会に、ベートーヴェンの第7交響曲をのぞいて、すべてティーセンの作品のみを演奏するためにベルリンへ帰還しました。ハインツ・ティーセン(1887-1971)は、チェリビダッケに意見できる数少ない人物のひとりで、米兵の誤射でレオ・ボルヒャルトが死亡し、ベルリン・フィルの首席指揮者が不在となった際に、チェリビダッケにベルリン・フィルの首席指揮者のオーディションを受けるように勧めたとも云われています。表現主義への傾向を強めた作風により、やはりナチによってマークされていたティーセンですが、こうして直弟子チェリビダッケの演奏で聴けるのは思いがけない喜びといえるでしょう。チェリビダッケが、すでに疎遠になっていたベルリン・フィルではなく、ベルリン放送響を指揮したこのコンサートは、1992年にシャウシュピールハウスでベルリン・フィルを指揮してブルックナーの第7交響曲を演奏するまでの間、結果的にチェリビダッケにとっての“ベルリン告別”演奏会となりました。
    ■ベルリンRIAS正規マスターを初めて使用
    ブゾーニ、ケルビーニ、ヒンデミットなど、別のレーベルから出ていたことのある演奏も含まれていますが、このセットのために、RIASのアーカイヴよりオリジナル・マスターテープが初めて利用可能となり、その結果、望みうる最高のクオリティのCD化が実現しました。なお、時折、低域にブーンというノイズの混入がみられることがありますが、これは1948年6月24日から1949年5月12日にかけて、いわゆる「ベルリン封鎖」によりティタニア=パラスト上空が大渋滞を起こしていたことによるもので、この演奏が行われた当時の時代背景をなまなましく感じさせるものといえるでしょう。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2011/03/28)

作品の情報

収録内容

構成数 | 3枚

合計収録時間 | 03:36:00

録音 | ステレオ (Live)


『セルジウ・チェリビダッケ/コンプリートRIAS録音集1948-57』
CD1
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
 ゲルハルト・プッヒェルト(P)、RIAS交響楽団
 録音:1948年10月20日 ベルリン=ダーレム,ティタニア=パラスト(ライヴ・モノラル)
ラヴェル:スペイン狂詩曲
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1948年10月14日 ベルリン=ダーレム,ティールアレー・ゲマインデハウス(セッション・モノラル)
ブゾーニ:ヴァイオリン協奏曲 Op.35a
 ジークフリート・ボリース(Vn)
 録音:1949年5月9日 ベルリン=ダーレム,ティタニア=パラスト(ライヴ・モノラル)
ケルビーニ:「アナクレオン」序曲
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1949年3月7日ベルリン=ダーレム,ティタニア=パラスト(ライヴ・モノラル)

CD2
ヒンデミット:ピアノ協奏曲(1945)[ドイツ初演]
 ゲルハルト・プッヒェルト(P)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1949年9月5日 ベルリン=ダーレム,ティタニア=パラスト(ライヴ・モノラル)
ハラルト・ゲンツマー(1909-2007):フルートと室内オーケストラのための協奏曲(1944)
 グスタフ・シェック(Fl)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1950年12月9日 ベルリン=ダーレム,イエス・キリスト教会(セッション・モノラル)
コープランド:バレエ「アパラチアの春」
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1950年4月4日 ベルリン=ダーレム,ティタニア=パラスト(ライヴ・モノラル)

CD3
ハインツ・ティーセン(1887-1971):ハムレット組曲 Op.30
 合唱団、ベルリン放送交響楽団
 録音:1957年10月7日 ベルリン=ダーレム,ティタニア=パラスト(ライヴ・モノラル)
ティーセン:サランボー組曲 Op.34a
 ベルリン放送交響楽団
 録音:1957年10月7日 ベルリン=ダーレム,ティタニア=パラスト(ライヴ・モノラル)
ティーセン:交響曲 第2番 Op.17「死してなれ」
 ベルリン放送交響楽団
 録音:1957年10月7日 ベルリン=ダーレム,ティタニア=パラスト(ライヴ・モノラル)
ラインハルト・シュヴァルツ=シリング(1904-1985):弦楽オーケストラのための序奏とフーガ[世界初演]
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1949年4月11日 ベルリン=ダーレム,ティタニア=パラスト(ライヴ・モノラル)

以上、セルジウ・チェリビダッケ(指揮)

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Rhapsody in Blue

    close

    2.

    Rapsodie espagnole: 1. Prelude a la nuit. Tres modere

    close

    3.

    Rapsodie espagnole: 2. Malaguena. Assez vif

    close

    4.

    Rapsodie espagnole: 3. Habanera. Assiz lent et d'un rythme las

    close

    5.

    Rapsodie espagnole: 4. Feria. Assez anime

    close

    6.

    Concerto for Violin and Orchestra, Op. 35a: 1. Allegro moderato

    close

    7.

    Concerto for Violin and Orchestra, Op. 35a: 2. Quasi andante

    close

    8.

    Concerto for Violin and Orchestra, Op. 35a: 3. Allegro impetuoso

    close

    9.

    Anacreon: Ouverture

    close

  2. 2. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Concerto for Piano and Orchestra: 1. Moderately fast

    close

    2.

    Concerto for Piano and Orchestra: 2. Slow

    close

    3.

    Concerto for Piano and Orchestra: 3. Medley "Tre Fontane" (Canzona / March / Valse lente / Caprice /

    close

    4.

    Concerto for Flute and Chamber Orchestra: 1. Lebhaft und schwungvoll

    close

    5.

    Concerto for Flute and Chamber Orchestra: 2. Ruhig fliebend

    close

    6.

    Concerto for Flute and Chamber Orchestra: 3. Lebhaft. Scherzo

    close

    7.

    Concerto for Flute and Chamber Orchestra: 4. Rondo. Sehr lebhaft

    close

    8.

    Appalachian Spring (Ballet for Martha)

    close

  3. 3. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Hamlet Suite, Op. 30: 1. Prelude (stormy winter night at the seaside, on the lonely terrace of the c

    close

    2.

    Hamlet Suite, Op. 30: 2. Ophelia's death (intermezzo after Act 4)

    close

    3.

    Hamlet Suite, Op. 30: 3. March of the dead (end of Act 5)

    close

    4.

    Salambo Suite, Op. 34a: 1. Dance of Salambo / Matho and Salambo / Matho's Triumphal Dance

    close

    5.

    Salambo Suite, Op. 34a: 2. Intrada / Matho's torture and Death / Salambo's Dance of Death / Epilogue

    close

    6.

    Symphony No. 2, Op. 17 "Die and Become": 1. Kraftvoll, zunachst noch zurukhaltend

    close

    7.

    Symphony No. 2, Op. 17 "Die and Become": 2. Lebhaft bewegt

    close

    8.

    Symphony No. 2, Op. 17 "Die and Become": 3. Sehr getragen und wuchtig

    close

    9.

    Symphony No. 2, Op. 17 "Die and Become": 4. Schnell

    close

    10.

    Introduction and Fugue for String Orchestra: 1. Andante

    close

    11.

    Introduction and Fugue for String Orchestra: 2. Fuge. Allegro marcato

    close