ショッピングカート
Rock/Pop
CD
The King of Limbs
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2024年6月21日(金)0:00~7月15日(月・祝)23:59まで![※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2011年03月28日

規格品番

TICK001CD

レーベル

SKU

827565057665

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
2011年03月
商品の紹介
5人組UKロック・バンド、レディオヘッドが2011年に発表した8thアルバム。トム・ヨークのソロ作品をはじめ、メンバー個々の活動を経て完成した本作はダブステップ以降のエレクトロニクスを取り入れた作風に。シングル「ロータス・フラワー」他を収録。
発売・販売元 提供資料 (2017/01/30)
世界最高峰ロック・バンド、レディオヘッドに世界が再び震撼する!英国を代表する最も革新的なロック・バンドとして、揺るぎない評価と絶大な人気を誇るレディオヘッドが待望のアルバムが遂にリリース。2007年『イン・レインボウズ』以来約3年振り、通算8作目となる待望の本作は、長年のコラボレーターでありバンドとともに数々の名作を生み出してきた、ナイジェル・ゴドリッチが再びプロデュースを手掛けている。アルバム発売の告知解禁からたった5週間でリリースされる本作は、 前作を超越する音楽革命を再び起こすことになる!
Hostess Entertainment
発売・販売元 提供資料 (2011/02/15)
Rolling Stone (p.62) - 4 stars out of 5 -- "THE KING OF LIMBS lingers in states of emotional and physical in-between-ness -- blooming, diving, flirting, floating, falling....Taking the plunge into the band's mysteries is one of rock's true pleasures." Rolling Stone (p.68) - Ranked #5 in Rolling Stone's '50 Best Albums Of 2011' -- "This was a record that grew all year -- in your room, and onstage." Entertainment Weekly (p.73) - "Thom Yorke's vocals, usually a wild counterpoint to the band' hyper-controlled rhythms, are especially abstract and supple." -- Grade: B Uncut (p.34) - Ranked #7 in Uncut's '50 Best Albums Of 2011' -- "[A] suite of eight limber, nagging songs whose organic and electronic origins became more blurred than ever." Alternative Press (p.99) - 4 stars out of 5 -- "There's just incredible depth to THE KING OF LIMBS, and if you're impatient, you'll miss it." Magnet (p.39) - Ranked #12 in Magnet's '20 Best Albums Of 2011' -- "KING OF LIMBS' eight songs are ghost stories from inside the machine." The Wire (p.62) - "'Codex' is a post-traumatic ballad, its lushly decaying piano chords, disconsolate horns and aphasic vocals resonating with cryptic affect." CMJ - "Thom Yorke's signature delicate floating falsetto is the primary vocal method....The vocals are used mostly as another tonal instrument to add to the soundscape-style songs..." Record Collector (magazine) (pp.94-96) - 3 stars out of 5 -- "KING OF LIMBS is a conglomerate work, part soundtrack, part reverb and part voice/rhythms....'Lotus Flower''s distinct shuffle is certainly worthy of single status." Clash (Magazine) - "Piano ballad 'Codex' is the standout song, slow and insistent in pace with a smattering of brass and strings..."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:37:30

Audio Mixer: Nigel Godrich. Recording information: 05/2009-??/2011. After a brief return to earth to deliver the tart, focused In Rainbows, Radiohead drift back into the ether with The King of Limbs. Like In Rainbows before it, the actuality of The King of Limbs is purposefully somewhat obscured by the hullabaloo surrounding the album's surprise release -- announced for a Saturday release on a Monday, shifted to a Friday -- and in the case of KOL, such clamor is needed. Wispy and ephemeral, shimmering skin draped over the barest of bones, The King of Limbs doesn't deliberately lack a solid foundation, songwriting traded for sound construction. Masters of mood that they are, Radiohead digitally weave stuttering, glitchy loops of drums and guitars with real instruments, Thom Yorke's mournful moan and keening falsetto acting as a binding agent, creating an alluringly dour atmosphere. Despite a pair of intellectually funky moments -- "Morning Mr. Magpie" and "Little by Little," grouped together at the beginning, giving the album a slight hint of momentum that quickly fades -- this is rather monochromatic and not too far removed from the territory Radiohead began etching out with Kid A. Where that icy 2000 effort had the bracing chill of the new, The King of Limbs is familiar -- not commonplace, but carrying a certain inevitability as its eight songs slowly unspool. There are no surprises in the floating textures, no delight in the details, no astonishment in how the band navigates intricate turns: this is the sound of Radiohead doing what they do, doing it very well, doing it without flash or pretension, gently easing from the role of pioneers to craftsmen. ~ Stephen Thomas Erlewine

録音 | ステレオ (Studio)

    • 1.
      [CD]
レビュー
  • 緊急リリースされた3年半ぶりの新作は、8曲37分というコンパクトな構成。表題は実在する樹齢1,000年の木に由来しているそうだが、トム・ヨークは深淵なる森に潜む豊潤なエネルギーを音で表現したかったんじゃないのかな?何層にも音が重ねられ、恐らくとても複雑な作りをしているに違いない。が、耳に残るのはただひたすらに美しい調べ・・・・・・。うまく説明できないけど、またしても新たなロックの形を提示しているぞ。
    bounce (C)柴田かずえ

    タワーレコード (vol.330(2011年3月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
366pt
販売価格(税込)
¥ 2,690
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
4
(公開: 0 人)
コレクション登録者
7
(公開: 5 人)
フラゲ対象の詳細を表示するポップアップ
北海道・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・
山口県・四国・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。

北海道・山口県・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。