こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

【DVD】

チャイコフスキー: 交響曲第4番、サン=サーンス: ピアノ協奏曲第2番

クルト・ザンデルリングベルリン・フィルハーモニー管弦楽団イェフィム・ブロンフマン

  • オンラインキャンペーン価格
    クラシック スペシャルプライス15%オフ

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:14日~35日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥3,769
  • セール価格(税込)
    ¥3,204
    ¥565 (15 %) オフ
  • ポイント数
    29 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


チャイコフスキー: 交響曲第4番、サン=サーンス: ピアノ協奏曲第2番

クルト・ザンデルリング

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2010年12月08日

フォーマット

DVD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

EuroArts

規格品番

2057638

スペック

PCM ステレオ/ドルビー・デジタル5.1/dtsサラウンド5.1/83’17”/カラー/NTSC/4:3/Region All

商品の紹介

  • 超弩級のライヴ! ザンデルリング&ベルリン・フィル
    巨匠の破格の芸風を堪能チャイコフスキー第4番
    カップリングは名手ブロンフマンとのサン=サーンス第2協奏曲
    1912年生まれ、惜しまれつつ2002年に指揮活動から引退した最後の巨匠クルト・ザンデルリングが、ベルリン・フィルを指揮して、チャイコフスキーの第4交響曲を演奏したコンサートのライヴ映像作品が登場。
    ■晩年になってようやく実現したベルリン・フィルとの顔合わせ
    ザンデルリングはプロイセンに生まれながら、ナチスによる反ユダヤ政策を逃れて1936年にロシアに移り、1936年から1941年にかけてモスクワ放送響の指揮者、1941年から1960年までムラヴィンスキー率いるレニングラード・フィルの第2指揮者を歴任しています。戦後の1960年に東ドイツに戻ると、創設まもないベルリン交響楽団(現在のベルリン・コンツェルトハウス管)の首席指揮者を1977年まで務め、同楽団の育成に尽力、その間1964年から1967年にかけてシュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者も務めています。西のベルリン・フィルは、東のベルリン響とは壁を挟んでいわばライバル関係にあったため、長らくザンデルリングとの共演機会は限られたものでしたが、これまでに紹介されたショスタコーヴィチなどの演奏はいずれも、ザンデルリングの巨匠芸とベルリン・フィルの圧倒的なヴィルトゥオジティとが完全に融合した破格の名演として高い評価を得ていたことから、初のソフト化となるこのたびのチャイコフスキーもおおいに注目されるところです。
    ■ザンデルリングによるチャイコフスキー録音
    ザンデルリングはロシアでのキャリアも反映してのことと思われますが、チャイコフスキーやラフマニノフといったロシア音楽をたいへん得意にしており、サンデルリングのチャイコフスキーの交響曲といえば、長年の手兵ベルリン響とおこなった後期交響曲集のセッション録音が代表的なものとして挙げられます。なかでも、ザンデルリングは第4番に特別な思い入れがあるようで、1978年のベルリン響とのセッション録音のほかにも、1973年のシュターツカペレ・ドレスデンとの初来日公演のライヴ・レコーディングや、こののち1998年のウィーン響とのライヴ盤もありましたし、1956年のウィーンで、ムラヴィンスキーとレニングラード・フィルを振り分けて行われた後期交響曲集のセッション録音でも、ザンデルリングは第4番を担当していました。
    ■名手ブロンフマンを迎えたサン=サーンスのピアノ協奏曲第2番
    カップリングは、美音の技巧派として人気のあるブロンフマンが弾く、サン=サーンスのピアノ協奏曲第2番。コンクール本選の課題曲にもしばしば登場する難曲ですが、殺人的な運指を要求するフィナーレのパッセージもブロンフマンの手にかかると、一種独特の浮遊感が印象的。ザンデルリング&ベルリン・フィルのバックももはや立派すぎるほどの出来ばえです。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2010/10/28)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 Op.22 *
ドメニコ・スカルラッティ:ソナタ ハ短調 K.11(アンコール)*
チャイコフスキー:交響曲 第4番 ヘ短調 Op.36
【演奏】
イエフィム・ブロンフマン(P)*
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クルト・ザンデルリング(指揮)
【収録】
1992年6月8日 ベルリン,フィルハーモニー(ライヴ)
【ザンデルリングのチャイコフスキー第4番・トラックタイム比較】
・ベルリン・フィル(1992年ライヴ)
  I. 20’54”+II. 10’34”+III. 5’46”+IV. 9’04”=46’18”(※実測値)
・ウィーン響(1998年ライヴ)
  I. 20’28”+II. 10’25”+III. 6’16”+IV. 9’56”=47’05”
・ベルリン響(1978年セッション)
  I. 20’43”+II. 10’11”+III. 5’59”+IV. 9’06”=45’59”
・シュターツカペレ・ドレスデン(1973年ライヴ)
  I. 19’49”+II. 10’02”+III. 5’44”+IV. 9’26”=45’01”
・レニングラード・フィル(1956年セッション)
  I. 19’21”+II. 9’48”+III. 5’42”+IV. 9’08”=43’59”

  1. 1. [DVD]