ショッピングカート
Rock/Pop
CD
Olympia
★★★★★
★★★★★
5.0

・現在オンラインショップではご注文ができません

在庫状況 について

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (ヨーロッパ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2010年10月28日

規格品番

X9064282

レーベル

VUK

SKU

5099990642821

作品の情報
メイン
アーティスト
ゲスト
アーティスト
Mani
Flea
オリジナル発売日
2010年10月
商品の紹介
復活したロキシー・ミュージックの活動も注目されているブライアン・フェリー、約3年振りのアルバム登場。どこまでもダンディ&スタイリッシュ!クラブ・シーンを意識した13枚目ソロ・アルバム。25年の時を越え『ボーイズ&ガールズ』の世界が蘇る!豪華ゲストを迎えた全く新しいブライアン・フェリー作品。デヴィット・ギルモア(ピンク・フロイド)、ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)、ナイル・ロジャース(シック)、マーカス・ミラー、マニ(プライマル・スクリーム)、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)ら超豪華ゲストが集結!アルバムの制作には、フィル・マンザネラ、アンディ・マッケイ、ブライアン・イーノといったロキシー・ミュージックの仲間達も参加。そしてシザー・シスターズ、デイヴ・スチュアート、グルーヴ・アルマダ他が作曲陣で参加している。ティム・バックリィの「Song To the Siren」とトラフィックの「No Face, No Name, No Number」のカヴァーも収録。
発売・販売元 提供資料 (2010/07/14)
Uncut (p.85) - 3 stars out of 5 -- "The best tracks have a lightness of touch and make a virtue of the husk of Ferry's lunar croon..." Billboard (p.72) - "[Ferry] brings his own style to covers of Tim Buckley's 'Song to the Siren' and Traffic's 'No Face, No Name, No Number.'" Mojo (Publisher) (p.109) - 3 stars out of 5 -- "[T]he mature Ferry continues to smolder....His charm remains reasonably irresistible." Record Collector (magazine) (p.78) - 3 stars out of 5 -- "Ferry himself is on amazingly good form....He's become a master at creating atmospherics for his delicately trembling vocals to ride." Clash (Magazine) - "[A] healthy dose of blue-eyed soul that gets downright sleazy at times, with elements of funk, soul and blues and as much polish as it could soak up."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:49:12

Personnel: Bryan Ferry (vocals, piano, keyboards); David Williams , Nile Rodgers , Oliver Thompson (guitar); Tara Ferry, Andy Newmark (drums); Frank Ricotti (percussion); John Monkman (electronics). Audio Mixer: Bob Clearmountain. Liner Note Author: Richard Williams . Recording information: 4th Street Recording, Santa Monica; Studio One, Olympia, London. Photographer: Adam Whitehead. Bryan Ferry's Olympia began as a Roxy Music reunion album, the "follow-up" to 1982's Avalon. That said, it becomes Ferry's first album of new material in eight years and features contributions from original Roxy Music members Brian Eno, Phil Manzanera, and Andy Mackay -- his first recorded collaboration with those musicians since 1973's For Your Pleasure. Released on Astralwerks, the set also includes guest spots from Radiohead's Jonny Greenwood, Gary "Mani" Mounfield of the Stone Roses, Red Hot Chili Peppers' Flea, and Pink Floyd guitarist David Gilmour, to mention a scant few. "You Can Dance" is the album's first single and video. Other notable tracks include a cover of Tim Buckley's "Song to the Siren."

録音 | ステレオ (Studio)

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        You Can Dance
      • 2.
        Alphaville
      • 3.
        Heartache By Numbers
      • 4.
        Me Oh My
      • 5.
        Shameless
      • 6.
        Song to the Siren
      • 7.
        No Face, No Name, No Number
      • 8.
        BF Bass (Ode to Olympia)
      • 9.
        Reason or Rhyme
      • 10.
        Tender Is The Night
レビュー
  • あの人の在/不在ばかりが気にされる様子を見るにつけ、その音楽の何たるかがまるで置き去りにされているようにも思いつつ、一応強調しておくと・・・・・・前作『Dylanesque』(2007年)に続いてイーノ先生も参加したブライアン・フェリーの新作がこの『Olympia』である。まあ、再会を果たした『Mamouna』(94年)以降、ほぼすべての作品にイーノは招かれているし、例によってそこはさほど重要じゃない。今回フェリーが狙ったのは恐らく、ロキシー・ミュージック『Avalon』(82年)よりも、それをデヴィッド・ギルモア(今回も参加)らとソロで再構築した『Boys And Girls』(85年)のアップデートに違いないからだ。後者で初合体したマーカス・ミラーやナイル・ロジャースがここでもコンテンポラリーでまろやかな黒さを紡ぎ出しているのは示唆的だし、緊迫感に溢れた先行シングルの”You Can Dance”やシザー・シスターズとの共作でうっとりと飛翔する”Heartache By Numbers”などを聴けば、いつも以上にボトムを重視した作品であることもわかる。ドラムスに(奇しくも『Avalon』の終曲”Tara”を捧げられていた)愛息のタラを据えたこともグルーブのタイトな瑞々しさに直結しているのかもしれない。前々作『Frantic』でも組んだジョニー・グリーンウッドら、脇を固める面々も磐石。で、そうしたお膳立てをみずから用意して、主役のフェリーも朗々としたヴォーカルをアトモスフェリックに行き渡らせている。<フジロック>でのステージも素晴らしかったそうだが、だとしたらそれは彼が現役だからだろう。これはいい!
    bounce (C)出嶌孝次

    タワーレコード (vol.326(2010年10月25日発行号)掲載)

  • 今年、ロキシー・ミュージックとして<フジロック>で来日したブライアン・フェリー。数年前からロキシーの新作をレコーディングしているというニュースが流れていたなか、ソロ名義のニューアルバム『Olympia』が届けられた。注目すべきはゲスト・ミュージシャンの豪華さで、なかでも再結成ツアーへの参加を断ったブライアン・イーノがクレジットされていることに驚かされる。もちろん、再結成に関わったオリジナル・メンバーのフィル・マンザネラやアンディ・マッケイも参加。後期ロキシーをサポートした名ドラマーのアンディ・ニューマークも顔を出し、ロキシーのエッセンスがたっぷりと注入されている。さらに若い世代との共演にも意欲的で、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドやプライマル・スクリームのマニ、レッチリのフリーなどの参加に加え、シザー・シスターズやグルーヴ・アルマダとの共作曲も収録。また、一曲のなかでデヴィッド・ギルモア、ナイル・ロジャース、クリス・スペディングといった複数の大物ギタリストを招くなど、ミュージシャンの贅沢な使い方はフェリーらしいこだわりだ。もちろん、そうした、<素材>のリッチさに頼らず、厳しく音を見極めて最上のサウンドを作り上げるフェリーの完璧主義者ぶりは健在。官能と苦悩を行き来する独特のヴォーカルに象徴されるような、艶やかな揺らめく(グルーヴ)がアルバムを隅々まで満たしている。ロキシー・サウンドの手触りも感じさせる本作は、ある意味名作『Avalon』の続編ともいえるかも。
    bounce (C)村尾泰郎

    タワーレコード (vol.326(2010年10月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2010/09/23

My Best Track 01.  You Can Dance " Bliss at 28 seconds of 04 minutes " " Divine, Celestial Music " " A Jacket Is Also Splendid "

関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
17pt
販売価格(税込)
¥ 2,090
廃盤

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
1
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)