こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

サウンドトラック

【CD】

Rocky IV

Vince DiCola

  • オンラインキャンペーン価格
    サウンドトラック/イージー・リスニング スペシャルプライス 7%オフ

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥4,417
  • セール価格(税込)
    ¥4,108
    ¥309 (7 %) オフ
  • ポイント数
    38 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Rocky IV

Vince DiCola

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2010年05月11日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Intrada

規格品番

MAF7109

商品の紹介

  • Quite simply, Rocky IV was a movie for the ages. The story of a man who had it all, only to lose so much overnight. Revolving around tension and alienation on the personal, political, spiritual and athletic levels, Sylvester Stallone's portrayal of Rocky Balboa in Rocky IV was without question the most multi-dimensional role of his career. This isn't to shirk the original Rocky, which dealt with questions of class, ethnicity, and overcoming obstacles to victory -- but Rocky IV was more of a movie to be related to on a universal scale.
    This indomitable spirit is best exemplified by the album's lead-off track "Burning Heart". The logical sequel to Survivor's epic, instantly recognizable and painfully unforgettable sports anthem "Eye of the Tiger" finds the central protagonist a bit more mature and refined; world-weary from his battles and exponentially more introspective than he was in his burning youth. This torch is then passed to John Cafferty; whom soundtrack fans will no doubt recognize from his work on Eddie & the Cruisers, Eddie & the Cruisers 2: Eddie Lives and Eddie & the Cruisers: The Unreleased Tapes. Here, Cafferty has replaced his Beaver Brown Band with the urgent, yet mildly dated synthesizer work of Vince Dicola.
    Decidedly pacing the album's soundtrack as well as setting the calm before the storm, the soundtrack producers wisely teamed up Kenny Loggins and Gladys Knight for "Double Or Nothing." This combination was no doubt inspired by a similar pairing of blue-eyed soul boy George Michael with the legendary R&B diva Aretha Franklin, would hit the top of the charts with their fantastic duet "I Knew You Were Waiting for Me" (which is, sadly, not included here).
    Perhaps the soundtrack's second most popular tune (second only to "Eye of the Tiger" which makes a return appearance for good sales, no doubt), "Living in America" perfectly sums up the decadence, extravagance, and sheer bloated pompousness of the '80s.
    Composer Vince DiCola makes another appearance by quietly stealing the show with ""Training Montage." Easily a proto-jock rock jam, this ranks up there with some of the finest sports anthems ever. And while it doesn't have the accessibility of Queen's "We Will Rock You," or Gary Glitter's "Rock & Roll Part Two," it's emotional peaks and valleys set the perfect contrast to what's on-screen.
    Balboa's struggle to gain the advantage, both physically and psychologically, and win the fight is beautifully scored by Dicola's "War/Fanfare from Rocky." Easily the weaker of the two pieces, this still complements the movie's climax and eventual denouement with grace and class. The final song not mentioned on this soundtrack belongs to one-hit wonder Touch. Finding a suitable Journey soundalike in the 2000s being a near impossible chore, Scotti Bros. and Stallone made the decision to go with Touch's stirring rendition of the song. The decision paid off in spades, as it still remains one of the best songs in the entire Rocky soundtrack catalog. ~ Rob Theakston|

    Rovi

レビュー

  • これはこれで、すごくいい!!80年代フュージョン的なロッキーのスコア!!

    『ロッキー4 炎の友情』(1985)
    サウンドトラック・スコア盤

    音楽 ヴィンス・ディコーラ
    監督 シルベスター・スタローン
    主演 シルベスター・スタローン、タリア・シャイア、ドルフ・ラングレン、カール・ウェザース

    ソ連からやってきたマシンのようなボクサー、ドラゴは、リング上でアポロを息絶えさせる。親友の死に復讐を誓ったロッキーは敵地でのリングに立つ。パート2より自ら監督もこなしていたスタローンは、今回の音楽をコンティではなく、『ステイン・アライブ』で弟フランクと共同作業を行ったシンセ奏者ヴィンス・ディコーラに依頼。アレンジは、フュージョン・シーンでバリバリのキーボード奏者ジェレミー・ラボック。ということで、ことに、この1曲目の今回用にアレンジされたテーマでも一目瞭然ですが、プログレ大好きというディコーラによる、まるで"ドン・グルーシンによるロッキー・カバー"のようなサウンド。しかし、これはこれで楽しくてたまりません。他も、ミディアムなフュージョン・サウンドを心地よく聴かせる、そんな感じの目白押し。かと思えば、ラスト近くの「WAR」なんて、完全にキース・エマーソン風です。ある意味、わかりやすい。このあたりの80年代ポップ・フュージョンなスコアの盤化は楽しそうですね、あまりなかったですけど。これは、今後も期待です。 (C)馬場敏裕

    タワーレコード (2010/05/26)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Theme From ROCKY

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    2.

    Gym

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    3.

    Paulie's Robot

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    4.

    Anniversary

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    5.

    Drago Suite

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    6.

    Apollo's Death And Funeral

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    7.

    Stairs

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    8.

    Rocky And Son

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    9.

    Training Montage

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    10.

    Up The Mountain

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    11.

    Pre-Fight

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    12.

    Drago's Entrance

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    13.

    War

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    14.

    Knockout

    close

    アーティスト
    Vince DiCola

    15.

    Victory

    close

    アーティスト
    Vince DiCola