ショッピングカート
Rock/Pop
CD
Big Echo
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2010年06月28日

規格品番

RTUS5662

レーベル

Rough Trade

SKU

883870056625

作品の情報
メイン
アーティスト
その他
プロデューサー
オリジナル発売日
2010年
商品の紹介
米音楽メディアが大注目している米カリフォルニア出身の4ピース・バンド、ザ・モーニング・ベンダーズが<ROUGH TRADE>移籍第1弾でセカンド・アルバム『ビッグ・エコー』をリリース!共同プロデューサーには現在USインディー・シーンで、最も信頼のおけるグリズリー・ベアのクリス・テイラーを起用。クリストファー・チュウ(Vo)、ジョナサン・チュウ(G)、ジュリアン・ハーモン(Dr)、ティモシー・オア(B)の4人が奏でる絶妙で優しいポップス。USインディー・シーンにおける2010年の大傑作アルバムが完成した。ヴァンパイア・ウィークエンド、アニマル・コレクティヴ、ダーティー・プロジェクターズ、ザ・ナショナル、ダーウィン・ディーズ等、才能の塊のようなアーティストが大ブレイクするなか、全米英が期待を寄せる大本命バンド!世界に先駆けアメリカでリリースされた本作は名立たる音楽メディアで高評価、高得点を叩き出している。
HOSTESS
発売・販売元 提供資料 (2010/05/13)
Spin - "The lush production by Grizzly Bear's Chris Taylor and Benders frontman Christopher Chu embeds the band's elaborate melodies in a colorful wall of sound..." Uncut (p.115) - 3 stars out of 5 -- "There's more charm when they relax, in the swooning washes of 'Pleasure Sighs' and the blissed-out Brian Wilsonisms of 'Sleeping In'." CMJ - "The album fits squarely in the mold of classic, folksy indie rock, but the band and Taylor bring a few new shades of beauty to keep things interesting." Pitchfork (Website) - "[The album has] a more coastal, kaleidoscopic California haze. It also finds them embracing the cavernous experimental rock sound of Grizzly Bear..."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:38:53

Audio Mixers: Chris Taylor ; Christopher Chu. Recording information: Different Fur Studios; Hangar. Talking Through Tin Cans presented the Morning Benders as sunny, strummy, lo-fi pop fanatics from the outskirts of San Francisco, but Big Echo is a different animal entirely. Released two years after the group's debut, it's an aural document of a band moving across the country, trading its California home for the urban enclaves of Brooklyn, switching labels, and replacing its `60s pop sound with something distinctly modern. There's a lot of change at work here, but Big Echo's biggest asset is its ability to navigate those changes without losing its footing. Frontman Chris Chu is a fan -- a borderline disciple, even -- of iconic pop bands, and the Morning Benders are still anchored by his melodies, even if they're now flanked by textured arrangements and an active backup band. While Talking Through Tin Cans was almost a Chu solo project, Big Echo relies fairly heavily on the whole group, with electric guitars replacing Tin Cans' acoustics and dense, layered soundscapes reigning supreme throughout. Grizzly Bear's Chris Taylor shares production duties with Chu, and the two brew up something majestic with tracks like "All Day Daylight," a fizzy ode to summer, and "Excuses," which opens the album with orchestral percussion and waltzing strings. Rarely do the piles of auxiliary instruments threaten to bury the band -- if anything, Big Echo takes a page from Pet Sounds by allowing the production to shine on its own, highlighting the studio embellishments but never shifting focus away from the band's own hooks. The Morning Benders have improved their game, and Big Echo finds them focusing not only on what they're singing, but how they're presenting it. ~ Andrew Leahey

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Excuses
      • 2.
        Promises
      • 3.
        Wet Cement
      • 4.
        Cold War
      • 5.
        Pleasure Sighs
      • 6.
        Hand Me Downs
      • 7.
        Mason Jar
      • 8.
        All Day Day Light
      • 9.
        Stitches
      • 10.
        Sleeping In
レビュー
  • ビーチ・ボーイズ高校に通うギター・ポップ部員たち - そんな佇まいが初々しいカリフォルニア出身の4人組から届けられた新作。光と影が交差する透明感に溢れたメロディーも美しいが、波のように寄せては返すハーモニーも心地良い。共同プロデューサーのクリス・テイラー(グリズリー・ベア)と作り込んだ、<ウォール・オブ・サウンド>の向こうに広大な海が見えるような新世代西海岸ポップの逸品。
    bounce (C)村尾泰郎

    タワーレコード (vol.322(2010年6月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
15pt
販売価格(税込)
¥ 1,890
¥ 189(10%)オフ
¥ 1,701
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:2日~14日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
2
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)