こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

【CD】

Andre Previn - An 80th Birthday Celebration

アンドレ・プレヴィンロンドン交響楽団J.A.C. Redfordジョン・ウィリアムズピッツバーグ交響楽団

  • ポイント10倍

廃盤

  • 通常価格(税込)
    ¥2,041
  • セール価格(税込)
    ¥1,735
    ¥306 (15 %) オフ

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Andre Previn - An 80th Birthday Celebration

アンドレ・プレヴィン

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2009年04月13日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

RCA Classics

規格品番

88697472502

商品の紹介

  • ─祝・80歳! 祝・N響首席客演指揮者就任!─
    作曲・指揮・ピアノと、音楽のジャンルを問わずボーダーレスな活躍を続けるマルチ・ミュージシャン、アンドレ・プレヴィンのエッセンスを1枚に凝縮!

    2009年4月6日、80歳を迎えるアンドレ・プレヴィン(1929年生まれ)。指揮者・作曲家・ピアニスト・アレンジャー、いずれの分野においても高い評価を受け、マルチな音楽活動を続けているプレヴィンは、10代のころからMGMスタジオで映画音楽のオーケストレーションを手がけ、映画音楽の作曲とジャズ・ピアニストとして成功を収めるかたわら、クラシック音楽の指揮者・ピアニストとしても、ロンドン交響楽団の首席指揮者などの重要なポストを歴任、また世界中のオーケストラに客演している。
    当アルバムは、ニューヨーク・カーネギー・ホールで行われる3回の80歳記念コンサートに合わせて発売されるもので、プレヴィンの多彩な顔を1枚に詰め込み、そのエッセンスを手軽に味わうことのできるスペシャル・コンピレーション。
    ジョン・ウィリアムズとの共演によるプレヴィンの「ギター協奏曲」は世界初CD化。
    プレヴィンは、2009年秋からNHK交響楽団の首席客演指揮者に就任する。 [コメント提供;ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル]

    タワーレコード

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:07:53

Personnel: Andre Previn (piano); Sylvia McNair (soprano); Herb Ellis, John Williams (guitar); Itzhak Perlman (violin); Yo-Yo Ma (cello); Terence Blanchard (trumpet); J.J. Johnson (trombone); Kenny Kirkland (piano); Frank Capp, Shelly Manne, Carl Allen (drums). Audio Remasterer: Maria Triana. Liner Note Author: Jackson Braider. Recording information: Heinz Hall for the Performing Arts, Pittsburgh, PA; Hollywood, California, Unites States; Kingsway Hall, London, England; Seiji Ozawa Hall, Tanglewood, MA; Signet Soundelux Studios, Los Angeles, California, Unit. Arranger: Terence Blanchard. Encompassing the career of a multi-talented musician who began as a teenager and has worked successfully as an arranger, film score composer, jazz pianist, classical composer, and conductor on his 80th birthday is a daunting task, especially when the idea is to somehow suggest all that on a single disc. This compilation really can only sample from Andre Previn's extensive discography, and it does so by starting with his conducting of Vaughan Williams' overture from The Wasps, following with his classical "Concerto for Guitar and Orchestra" in three movements featuring John Williams. The Pittsburgh Symphony Orchestra plays Previn's theme from The Four Horseman of the Apocalypse before the album switches gears to turn to Previn the jazz pianist, providing fast and fluid runs in the company of musicians like Ray Brown and Shelley Manne on pop standards including "Bye Bye Blackbird" and "A Foggy Day in London Town." Jazz musician Terrence Blanchard plays his trumpet in an excerpt from Previn's jazzy score for the 1960 film The Subterraneans, and the composer's later work is suggested by the final track, "Vocalese for Soprano, Cello and Piano," featuring Sylvia McNair and Yo-Yo Ma. It all makes for a varied collection that nevertheless only scratches the surface of the musical work Previn has done in several different forms dating back more than 60 years. ~ William Ruhlmann


【収録予定曲】
1. ヴォーン・ウィリアムズ:「すずめばち」序曲
2. プレヴィン:ギター協奏曲 *世界初CD化
3. 映画「黙示録の四騎士」~テーマ
4. ヘンダーソン:バイ、バイ、ブラックバード
5. ヴァイル:マック・ザ・ナイフ
6. ヴァイル:ビルバオ・ソング
7. ガーシュウィン:ア・フォギー・デイ
8. プレヴィン:映画「地下街の住人」より
9. プレヴィン:ヴォカリーズ
【演奏】
1)アンドレ・プレヴィン(指揮)。ロンドン交響楽団
2)ジョン・ウィリアムズ(ギター)、アンドレ・プレヴィン(指揮)、ロンドン交響楽団
3)イツァーク・パールマン(ヴァイオリン)、アンドレ・プレヴィン(指揮)、ピッツバーグ交響楽団
4)アンドレ・プレヴィン(ピアノ)、ハーブ・エリス(ギター)、レイ・ブラウン(ベース)、シェリー・マン(ドラムス)
5,6)J.J.ジョンソン(トロンボーン)、レッド・ミッチェル(ベース)、フランク・カップ(ドラムス)、アンドレ・プレヴィン(ピアノ)
7)レッド・ミッチェル(ベース)、フランク・カップ(ドラムス)、アンドレ・プレヴィン(ピアノ)
8)テレンス・ブランチャード(トランペット)、ジョー・ヘンダーソン(テナー・サクソフォン)、ケニー・カークランド(ピアノ)、レジナルド・ヴィール(ベース)、カール・アレン(ドラムス)、J.A.C.レッドフォード指揮のオーケストラ
9)シルヴィア・マクネーア(ソプラノ)、ヨーヨー・マ(チェロ)、アンドレ・プレヴィン(ピアノ)

[1=RCA音源、2-9=コロンビア/ソニー・クラシカル音源]

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Wasps, Aristophanic Suite, for orchestra from the incidental music: Overture, The

    close

    2.

    Concerto for guitar & orchestra: 1. Allegretto

    close

    3.

    Concerto for guitar & orchestra: 2. Adagio

    close

    4.

    Concerto for guitar & orchestra: 3. Slowly and Feflectively (Andante)

    close

    5.

    Theme from The Four Horsemen of the Apocalypse

    close

    6.

    Bye Bye Blackbird

    close

    7.

    Die Moritat von Mackie Messer (The Ballad of Mack the Knife), song for voice & piano (from "Die Dreigroschenoper")

    close

    8.

    Bilbao-Song, for voice & piano (from "Happy End")

    close

    9.

    Foggy Day, A (in London Town), song (from A Damsel in Distress, film)

    close

    10.

    Subterraneans, film score: [Excerpt], The

    close

    11.

    Vocalise for soprano, cello & piano (or orchestra)

    close