ショッピングカート
クラシック
CD
Elgar: Cello Concerto Op.85 (3/7/1955); Dvorak: Cello Concerto Op.104 (11/16/1962); Beethoven: 12 Variations on the Theme "Ein Madchen oder Weibchen" Op.66 (4/6/1957) / Pierre Fournier(vc), Hans Rosbaud(cond), WDR SO, etc
★★★★★
★★★★★
0.0

・現在オンラインショップではご注文ができません

在庫状況 について

開催期間: 【オンラインショップ】 9月25日(金)9:00~9月27日(日)23:59まで 【店舗】 各店9月25日(金)開店~9月27日(日)閉店まで オンラインショップでは期間中のご注文商品(予約含む)、店舗では期間中にお買い上げの商品を対象にポイント10%還元![※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]
オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2011年03月15日

規格品番

MM028

レーベル

Medici Arts/Medici Masters

SKU

827565039623

商品の紹介
完全初出! 夢の顔合わせが再現! フルニエ&セルのドヴォコン1962年ライヴ
すべてWDRアーカイヴからの正規音源復刻で完全初出。フルニエのドヴォコンといえば、同年6月、やはり同じセルとの顔合わせによるスタジオ録音がこの名曲にとどめをさすものとして広く知られています。そして、そのスタジオ盤の再現というべき5ヶ月後に行われた注目のライヴも、スタジオ盤の内容から考えておおいに期待が持てるところです。また、これはセルの数少ないライヴ録音としても貴重。名手にとって3種目となるエルガーも、チェリストあがりのウォーレンスタインが指揮を務めたベルリン・フィル盤(66年)とはだいぶ印象のちがう仕上がりに。こちらは現代作品のスペシャリストとしても名を馳せた知匠ロスバウトの指揮に注目。怜悧なアプローチのもと“チェロのプリンス”と呼ばれた節度と気品あるフルニエのソロがいっそう際立ちます。さらに、このほかではケンプとのライヴで知られる「魔笛」変奏曲も、うれしいおまけです。 [コメント提供;キングインターナショナル]
発売・販売元 提供資料 (2009/04/08)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:13:00

【曲目】
1. エルガー: チェロ協奏曲 ホ短調 Op.85
2. ドヴォルザーク: チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104
3. ベートーヴェン: 「魔笛」の主題による12の変奏曲 ヘ長調 Op.66
【演奏】
ピエール・フルニエ(Vc)
1)ハンス・ロスバウト(指揮)、ケルン放送SO.
2)ジョージ・セル(指揮)、ケルン放送SO.
3)フランツ・ホレチェク(P)
【録音】
1)1955年3月7日 2)1962年11月16日 以上、ケルン,WDRフンクハウス,第1ホール (ライヴ)
3)1957年4月6日 ケルン,WDRフンクハウス,第2ホール
[モノラル]
    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント10倍
177pt
販売価格(税込)
¥ 2,299
¥ 345(15%)オフ
¥ 1,954
現在オンラインショップ取扱なし

欲しいものリストに追加

コレクションに追加