こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ソウル/クラブ/ラップ

【CD】

パンカラ

Asian Dub Foundation

  • ポイント対象外商品
    商品ページ記載の「発送までの目安」よりお届に時間がかかる場合がございます。
  • アウトレットセール
    数量・期間限定の特別セール!(クレジットカード/d払いのみ可、クーポン/ポイント利用可、セブン-イレブン受け取り不可) / 一部「パッケージビニール破損」など若干のダメージがある商品もございます。

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,592
  • セール価格(税込)
    ¥540
    ¥2,052 (79 %) オフ
  • ポイント数
    対象外

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


パンカラ

Asian Dub Foundation

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2008年03月26日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

国内

レーベル

Traffic Entertainment Group

規格品番

TRCP-20

商品の紹介

  • アジアンテイストのダブを基調に、クラブ、ロック、レゲエ、ヒップ ホップなどの様々な音楽要素を加えた独特な無国籍サウンドと過激な社会派メッセージで世界中に一大旋風を起こし続ける、ミクスチャー・ダブ・シーンの異端児集団エイジアン・ダブ・ファウンデーション(以下ADF)が3年振り6枚目となる最新アルバムを全世界に先駆け、日本で大幅先行リリース!!本作は、タイトル通りパンク・ロック要素も加わった渾身の1枚となっており、彼等の代表作『Enemy Of The Enemy』をも凌ぐ過去最大の勢いと激しさを兼ね備えた、まさにADF節炸裂!!とも言える大興奮内容。LIVEアンセムとなること間違いなしのキラー・チューン揃いで、ジャンルを問わず、全音楽ファンを魅了するであろう作品です!なんとイギー・ポップをフィーチャーして、ストゥージスの名曲“No Fun”をカヴァー!

    タワーレコード (2009/04/08)

レビュー

  •  思えば、ADFはメンバー・チェンジのたびにサウンドの色合いを柔軟に変更してきたユニットである。2作目の『R.A.F.I.』や3作目『Community Music』を経てフロントマンのディーダーが脱退した際も、ツイン・ヴォーカルに切り替えてサウンドの突進力を強化し、結果的にはハードな『Enemy Of The Enemy』をキャリア最大のヒットに押し上げることに成功している。また、スキルフルなMCのゲットー・プリーストを加えた5作目『Tank』ではヒップホップ寄りのキャッチーな側面も見せていた。  だからして、中心メンバーだったドクター・ダスらの離脱も、ADFにとっての後退を意味しない。チャンドラソニックの弟だというマーティンを新ベーシストに据え、さらにMCのアル・ラムジェンも加えて臨んだ新作『Punkara』の多彩な仕上がりは、よりタイトになったバンド内の状態の良さを感じさせるものだ。ディック・デイルばりにギラギラしたサーフ・パンク“Super Power”で幕を開け、彼ららしいジャングルの“Burning Fence”が飛び出したかと思えば、攻撃的なソカの“S.O.C.A.”や、ジャクージーのサーシャ・パレーラとのコラボ曲、さらにはダブ・ステップを意識した“Bride Of Punkara”のような新機軸も披露される。また、神秘的な“Speed Of Light”はそれこそ初期の彼らを思わせるピースフルなレイヴ感に満ちてさえいるのだ。例えばM.I.A.の〈楽しいレベル・ミュージック〉をキャッチできる人なら、今回のADFはいつも以上に楽しめるんじゃないかな。
    bounce (C)出嶌 孝次

    タワーレコード (2008年04月号掲載 (P66))

  •  フル・アルバムとしては2005年の『Tank』以来約3年ぶりとなる新作『Punkara』。ある意味ポップとも言えるメロディーを主軸としながら、ヒップホップやテクノなどを吸収した多様な音楽性が特徴的だった前作に対し、本作で聴けるストレートで開放感のあるサウンドは、メンバー・チェンジを経て3MC布陣となった新生エイジアン・ダブ・ファウンデーションを強く印象付けるもの。ベスト盤『Time Freeze 1995/2007』をリリースしたことによってひとつの区切りを付けたことも影響しているのかもしれないが、〈Punkara〉とのタイトルどおり〈パンク〉と〈バングラ〉という自分たちのルーツを見つめ直した、ある意味原点回帰とも言える内容だ。〈パンク〉に関して言えば、ストゥージズの名曲“No Fun”のカヴァーにイギー・ポップ本人をゲストに招いていることも大きなトピックだろう。とはいえ、パンクの持つ一元的なイメージに囚われて本作を聴くと肩透かしを喰らうことになるかもしれない。ギターをはじめとした生音中心のフィジカルな躍動感を持ったサウンドからは、怒りや反抗精神といったものよりも、むしろポジティヴなヴァイブが強く感じられる。すべてをデストロイするのではなく、DIY精神でみずから新たな行動を起こす――本作における〈パンク〉とはそういうことであり、そしてそれを自分たちの血肉であるバングラ・ビートに乗せて高らかに鳴らすことができるのは、いまの彼ら以外にはいない。
    bounce (C)粟野 竜二

    タワーレコード (2008年04月号掲載 (P66))

作品の情報

メイン

オリジナル盤発売日:2008年03月26日

収録内容

構成数 | 1枚

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    スーパーパワー

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    2.

    バーニング・フェンス

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    3.

    ノー・ファン(feat. イギー・ポップ)

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    4.

    スピード・オブ・ライト

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    5.

    イーズ・アップ・シーザー

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    6.

    エス・オー・シー・エー

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    7.

    ターゲット・プラクティス

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    8.

    リヴィング・アンダー・ザ・レーダー(ゴーストプレイン)

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    9.

    アルタード・ステイツメン

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    10.

    ブライド・オブ・パンカラ

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    11.

    ストップ・ザ・ブリーディング

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation

    12.

    アウェイク/アスリープ(ボーナス・トラック)

    close

    アーティスト
    Asian Dub Foundation