ショッピングカート
DVD/ブルーレイ
DVD
女囚さそり 701号怨み節<期間限定出荷版>
長谷部安春(監督・脚本)梶芽衣子(主演)
★★★★★
★★★★★
0.0

・現在オンラインショップではご注文ができません

在庫状況 について

商品の情報

フォーマット

DVD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2010年11月01日

規格品番

DCTD-02302

レーベル

東映ビデオ

SKU

4988101133062

作品の情報
メイン
監督・脚本
主演
その他
原作
出演
制作国
日本
制作年
1973
公開年
1973
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:28:00

    • 1.
      [DVD]
      映像・音声
      面/層
      片面一層
      色彩
      カラー
      画面サイズ
      シネスコサイズ=16:9LB
      映像方式
      NTSC
      動画規格
      MPEG2
      オリジナル言語
      日本語
      オリジナル音声方式
      モノラル
      吹替音声方式
      モノラル
レビュー
  • 『女囚さそり 701号怨み節』(1973)"さそり"シリーズ第4作にして、梶芽衣子による最終作。さそりこと脱走犯の松島ナミ(梶芽衣子)は、児玉警部(細川俊之)に逮捕され、護送中に逃亡。逃げ込んだ劇場で学生運動の活動家だった過去のある工藤(田村正和)に助けてもらう。が工藤の恋人のみどり(渡辺やよい)が密告し、児玉は工藤に拷問まがいの尋問を加え…。さそりは、男との安らぎにひととき心を許すが、執念に燃えた刑事との壮大なバイオレンス・アクションになだれ込んでいく、まさしく最終エピソードならではの物語。監督は、さそりシリーズは初めてだが、梶とは大映の"野良猫ロック"シリーズで組んでいた長谷部安春が担当し、ビートの効いたバイオレンス・ワールドを展開させる。脚本は、長谷部と『やくざ刑事』などの神波史男、さそりシリーズ全作に関わる松田寛夫の共作。1973年12月封切。 (C)馬場敏裕

    タワーレコード ()

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
30pt
販売価格(税込)
¥ 3,300
現在オンラインショップ取扱なし
欲しいものリストに追加