ショッピングカート
サウンドトラック
CCCD MD
Alfie (OST) [CCCD]
★★★★★
★★★★★
0.0

・現在オンラインショップではご注文ができません

在庫状況 について

商品の情報

フォーマット

CCCD MD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2004年10月18日

規格品番

X63469

レーベル

SKU

724386346926

作品の情報
メイン
アーティスト
収録内容

構成数 | 1枚

    • 1.
      [CCCD MD]
レビュー
  •  60'sきってのブリティッシュおしゃれ映画がリメイク。舞台はNYに移されたものの、物語に染みつくのはまぎれもなくロンドン臭。安アパートに暮らしながら、刹那のラヴ・アフェアにいそしむ伊達者=アルフィ-のうたかたの日々が独白仕立てで語られる。  今宵もツレのカノジョを抱いちゃうわ、人妻に手を出すわの、ルール無用の〈恋〉三昧……。英国の音楽狂らしい出演作が続く王子様=ジュード・ロウの熱演を彩るのは、『ベント 堕ちた饗宴』の共演以来世代を越えた絆で結ばれたミック・ジャガー&デイヴ・スチュアート。オリジナルよりゴージャスにしたクール・ジャズが走るなか、新しい恋のコーナーごとに登場するミックの哀憐歌はまさにロック史上随一の〈バラディアーここにあり!〉状態。一瞬のうちにスケコマシの日常を、永久不滅のハートブレイク世界に一変させる様はマジカルそのもの。アイズレー・ブラザーズやインプレッションズをはじめとする腰を蕩かすソウル・クラシックス、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの作曲家=ジョン・パウエルの絶妙なフォローも効きまくり、全編にそんじょそこらじゃ味わえない映像×音楽の魅力が満載なのだ。  レディー&キッズ向けの恋愛映画ばかりが多いなか、ナンパなようでリアルに野郎度が高いことに拍手喝采。〈オトコってバカよね~〉なんて目線で観るもよし、〈バカで結構、おとといきやがれ!〉ってなオトコギ目線で観るもOK。とにかく感涙&しびれまくり! 
    bounce (C)山口 哲一

    タワーレコード (2005年07月号掲載 (P117))

  • ジュード・ロウが主役を務める名画リメイク。色男アルフィーの恋道を彩るサントラは、ミック・ジャガーとデイヴ・スチュワートがプロデュースを手掛け、ミックにいたっては新曲5曲を披露/12曲のソングライティングを担当と、〈アルフィー=俺〉くらいの熱の入れよう。なかでもジョス・ストーンとのデュエット“Lonely Without You(This Christmas)”は熱くしっぽりと。ジョスがカヴァーするテーマ曲も美味なり。
    bounce (C)村尾 泰郎

    タワーレコード (2004年12月号掲載 (P108))

  • あの、おしゃれな色男ムービーが、リメイク!! そして、サントラが!!!!!! 『アルフィー』(2004) サウンドトラック 音楽 ミック・ジャガー&デイヴ・スチュアート ブラス・アレンジほか ジョン・パウエル 録音 ボブ・クリアマウンテン ヴォーカル ジョス・ストーン テーマ作曲 バート・バカラック 60年代にマイケル・ケイン主演で(当時のスコア担当は ソニー・ロリンズ!)粋にきまったプレイボーイ・ムービーの 2004年版リメイクの主演はジュード・ロウ!! そして、何が大変かって、劇映画の全面映画音楽担当 はおそらく初めての、泣く子も黙るミック・ジャガー!!!!と ユーリズミックスのデイヴ・スチュアートがブルージーにソウルフル なソング&スコアを作り上げ、そして曲のアレンジには、売れっ子 サントラ・コンポーザー、ジョン・パウエルが参加し、オリジナル (バカラック作の名曲)の『アルフィー』をジョス・ストーンが ムードたっぷりに歌い、スコア部分では、ミックのハーモニカが はじけまくる!!という、音楽ファンには超意外&楽しい内容。 もちろん、ミックの歌声もたっぷりゴキゲンに聴けます!!!! 映画もポップスも好きなアダルトな方におすすめ!!!!!!!!!! (C)馬場敏裕

    タワーレコード (2004/10/18)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
309pt
販売価格(税込)
¥ 2,519
廃盤

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
0
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)