こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

三浦康照

プロフィール

1926年生まれの日本の作詞家。本名は三浦忠雄。当初は作家を志望するも、61年頃より作詞家活動を開始。演歌専門のプロダクション事務所、太陽プロダクションの社長も務め、67年には冠二郎が弟子入り。67年のデビュー曲「命ひとつ」をはじめ「酒場」「炎」「まごころ」など冠の数多くの楽曲を手掛ける。また、藤あや子には紅白出場曲の「こころ酒」や「むらさき雨情」から2015年の「麗人草」まで多くの作品を提供。そのほか、美空ひばり、村田英雄、北原謙二、三島敏夫、金田たつえ、弘田三枝子、金井克子、若山かずさらに楽曲を提供。2016年11月20日、腸閉塞と肺気腫による呼吸困難のため東京都杉並区の佼成病院で死去。90歳没。

2016/12/05 (2016/12/05更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ