こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

中村典正

プロフィール

1935年12月12日生まれ、山口県周南市出身の作曲家。本名は中村貞夫(なかむら・さだお)。〈コロムビア歌謡コンクール〉徳山大会入賞後に上京し、全国大会で入賞。若山彰の付き人や原六郎の師事を経て、編曲家へ転身。63年に北島三郎「田舎へ帰れよ」において本名で作曲家デビュー。69年に北島の「仁義」を中村千里名義で作曲してヒット。その後“中村典正”へ改名。山口ひろし名義でも楽曲提供を行なう。鳥羽一郎「男の港」、三山ひろし「酔待ち酒場」、藤あや子「むらさき雨情」のほか、妻の松前ひろ子の楽曲も手掛ける。三山は次女・洋子の夫にあたる。2019年8月16日に肺炎のため死去。83歳没。

2019/08/23 (2019/08/23更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ