こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

スメタナ四重奏団

プロフィール

1945年に発足、1988年に「さよなら公演」を行なって活動に終止符を打った。45年間にわたって「弦の国」チェコを代表する、そして20世紀を代表する弦楽四重奏団として君臨した。常に暗譜で演奏するなど、高度で緻密な演奏は一分の隙も無い完璧なものだった。当初は後に名指揮者となるヴァーツラフ・ノイマンがヴィオラを担当していたが、1955年からはイルジー・ノヴァーク(第1ヴァイオリン)、ルボミール・コステツキー(第2ヴァイオリン)、ミラン・シュカンパ(ヴィオラ)、アントニーン・コホウト(チェロ)が不動のメンバーとして活躍した。

2012/08/31 (2013/08/14更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ