こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

エルネスト・ブール

プロフィール

1913年4月20日、フランスのティオンヴィル生まれの指揮者。2001年6月20日没。父はアマチュアのオルガニストであった。ストラスブール大学で古典学を学んだ後、ストラスブール音楽院でフリッツ・ミュンヒに指揮を学ぶ。ミュルーズ市立管弦楽団を経て、50年にはストラスブールの市立管弦楽団の、55年にはストラスブール・オペラの指揮者となる。近代・現代音楽のスペシャリストとして名高く、64年から首席指揮者に就任した南西ドイツ放送交響楽団とは、おびただしい数の放送音源を残した。現代音楽には早い時期から強い関心を持っており、34年には作曲家のフリッツ・アダムと共に現代音楽の室内楽演奏会を組織し、ヒンデミットの「画家マティス」、バルトークの「青ひげ公の城」、ストラヴィンスキーの「放蕩児の遍歴」などのフランス初演を指揮した。

2012/08/30 (2013/01/22更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ