こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ

プロフィール

1923年10月3日生まれ、ポーランド・リヴィウ(現・ウクライナ)出身の指揮者/作曲家。愛称は“ミスター・S”。4歳からピアノとヴァイオリンを始め、7歳で作曲、11歳でピアノ・リサイタル、13歳でベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を指揮と神童ぶりを発揮するも、第二次大戦時の空襲で手を負傷し演奏家を断念。戦後、国内の主要楽団の指揮者を歴任後、58年に米デビュー。以降、ミネソタ管、英・ハレ管などの要職を歴任。その後、ミネソタ管の桂冠指揮者、ザールブリュッケン放送響の首席客演指揮者、読響初の桂冠名誉指揮者などに就任し、世界的指揮者として活躍。2017年2月21日、米・ミネアポリスの自宅で死去。93歳没。

2012/07/30 (2017/02/23更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ