こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

アーティスト詳細

レナータ・スコット

プロフィール

1934年2月24日、イタリア・サヴォナ生まれのソプラノ歌手。14歳で声楽を始め、16歳でミラノに移り勉強を続けた。1952年、18歳でヴェルディ「椿姫」のヴィオレッタを歌いオペラ・デビュー。翌年にはスカラ座のオーディションを受け、カタラーニ「ラ・ワリー」のウォルター役を得る。のちに声の故障を体験するが、アルフレート・クラウスの助言により克服。1957年にはマリア・カラスの代役としてベッリーニ「夢遊病の女」のアミーナを歌い、広く名を知られることとなった。1965年にはプッチーニ「蝶々婦人」のタイトル・ロールでメトロポリタン歌劇場にデビュー、1987年まで出演した。2002年に舞台から引退、後進の育成にあたっている。

2018/10/03 (2018/10/03更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ