こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

Max Richter

マックス・リヒター

プロフィール

1966年3月22日生まれ、旧西独・ハーメルン出身の作曲家。 英・ベッドフォードで育ち、エディンバラ大学と英国王立音楽院でピアノと作曲を学ぶ。伊・フィレンツェではルチアーノ・ベリオに師事。89年にピアノ・ユニット、ピアノ・サーカスを結成。90年代後半から作・編曲家として始動し、2002年に『メモリーハウス』でソロ・アルバム・デビュー。2004年に初来日。2006年には村上春樹の英訳テキストを用いた『ソングス・フロム・ビフォー』で話題に。以降も作品毎に斬新なアプローチに挑み、ポスト・クラシカルの最重要作曲家として注目を浴びる。TVや映画音楽も手掛け、2008年に映画『戦場でワルツを』でヨーロッパ映画賞作曲賞を受賞。

2015/10/28 (2019/04/12更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ