こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

恒松正敏

プロフィール

70年代後期にギタリストとしてロック・バンド“フリクション”に加入し“東京ロッカーズ”と呼ばれたムーヴメントの中心的存在として注目を集めた。バンド解散後はソロとして活動し、アルバム『1991』などの名盤を残す。またミュージシャンとしての活動と並行して、画家としての活動にも力を注ぎ、数回の個展開催を経て、活動の集大成ともいえる百点の絵画シリーズ『百物語』を完成。サブ・カルチャー・シーンで高く評価された。

2012/08/30 (2012/08/30更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ