こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

ニコライ・ゲッダ

プロフィール

1925年7月11日、スウェーデンのストックホルム生まれのテノール歌手。父はロシア人でドン・コサック合唱団のバス歌手であった。ストックホルム王立歌劇場オペラ学校で学び、同劇場でデビューを飾る。52年、クリスティーネ・ニルソン声楽コンクールで優勝。その美声は早くからカラヤンにも認められ、53年「ドン・ジョヴァンニ」のオッターヴィオ役でスカラ座にデビューしたのを皮切りに、54年「オベロン」のヒュオン役でパリ・オペラ座、55年「リゴレット」のマントヴァ公役でコヴェントガーデン王立歌劇場、57年「ファウスト」のタイトル・ロールでメトロポリタン歌劇場と次々とデビューして、名声を高めていった。7ヵ国語に堪能で、オペラはもとよりオペレッタ、宗教曲、歌曲とレパートリーも驚くほど広く、その甘美なリリック・テノールで世界的に活躍した。

2012/07/30 (2013/04/18更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ