こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

山本直純

プロフィール

1932年12月16日、東京生まれの作曲家、指揮者。2002年6月18日、東京にて没。幼少時より作曲家・指揮者であった父直忠から音楽教育を受け、自由学園を経て東京芸大の作曲科に入学。後に指揮科に転じ、渡邊暁雄に師事する。在学中よりラジオ、テレビ、映画などの分野で才能を発揮し、72年、小澤征爾と共に新日本フィルの設立に参画。同年からテレビ番組『オーケストラがやってきた』にレギュラー出演し、お茶の間にも広く知られる存在となる。74年、国連デー・コンサートのために作曲した委嘱作品「人」は、日本太鼓とオーケストラのために書かれ、欧米各地で絶賛された。79年には日本人として初めてボストン・ポップスを指揮し、“日本のアーサー・フィードラー”と評され、喝采を浴びた。「和楽器とオーケストラのためのカプリチオ」「シンフォニック・バラード」などのほか、「一年生になったら」「こぶたぬきつねこ」を初めとする愛唱歌、「マグマ大使」「新オバケのQ太郎」のテーマ・ソング、NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」「武田信玄」「寅さんシリーズ」などの音楽を担当するなど、幅広い分野で作品を残している。また、83年~98年、毎年大阪城ホールで〈一万人第九コンサート〉の音楽監督と指揮を務めるなど、クラシックの大衆化に大いに貢献した。

2012/07/30 (2017/06/27更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ