こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

アーティスト詳細

ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団

プロフィール

独ベルリンを拠点とするオーケストラ。1919年にシャルロッテンブルク・ドイツ歌劇場として設立され、その後、ベルリン市立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、市立歌劇場と名前を変え、61年に再びベルリン・ドイツ・オペラとして存続。ブルーノ・ワルター、ロリン・マゼールらが歴代の音楽総監督に名を連ね、2009年からはドナルド・ラニクルズが芸術監督に就任。63年にはカール・ベームとマゼールを指揮者として初来日。代表的な録音は、オイゲン・ヨッフム指揮の「カルミナ・ブラーナ」や「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、ベーム指揮の「フィガロの結婚」、シノーポリ指揮の「ナブッコ」など。

2016/01/19 (2016/01/19更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ