こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

マクシム・エメリャニチェフ

プロフィール

1988年生まれ、露・ジェルジンスク出身の指揮者/ピアニスト。ニジニノヴロゴロド音楽院で指揮を学んだ後、モスクワ音楽院でロジェストヴェンスキーに師事、フォルテ・アノとハプシコードをマリア・ウスペンスカヤに学ぶ。12歳で指揮者としてデビュー。以来、モダン、バロック双方のオーケストラを指揮。ロシア国立フィル、ニジニノブロゴロ・フィル、ムジカエテルナなどを指揮し、2016年にはチューリッヒ歌劇場デビュー。古楽アンサンブルのイル・ポモ・ドーロの首席指揮者を務め、コンサートやオペラに参加。2018年の初来日では東響に客演。録音では『モーツァルト・ピアノ・ソナタ集』が仏のショック賞を受賞。

2019/01/29 (2019/06/03更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ