こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

サントゥ=マティアス・ロウヴァリ

プロフィール

1985年11月5日生まれ、フィンランド・ラハティ出身の指揮者。ともにラハティ響の楽団員だったクラリネット奏者の父とヴァイオリン奏者の母のもとで幼少から音楽に親しみ、6歳でラハティ音楽院に入学。17歳でシベリウス・アカデミーへ進む。打楽器を学びながら、ヨルマ・パヌラやレイフ・セーゲルスタムに指揮を師事。2009年にフィンランド放送響でプロ・デビュー。以来、国内外のオーケストラと共演。コペンハーゲン・フィル、タンペレ・フィル、エーテボリ響などで首席指揮者、芸術監督などを歴任。2020年よりフィルハーモニア管の首席指揮者に就任。日本では2012年に東響でデビュー。2017年にタンペレ・フィルを率いて来日。

2019/07/22 (2019/07/22更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ