こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

ガリーナ・ウストヴォーリスカヤ

プロフィール

1919年6月17日、ロシア・ペトログラード(現・サンクトペテルブルク)生まれの現代音楽の女性作曲家。レニングラード音楽院でショスタコーヴィチに師事。同院卒業後もショスタコーヴィチの弟子として懇意の関係を継続。50年以降はモダニストとして神秘主義的な志向へ走ったため、スターリン時代は陽の目を見ず。70年代の雪解け以降は西側のショスタコーヴィチ研究者から注目を浴び、作曲活動を再開。独創性の高い作曲様式を発展させ、5つの交響曲やソナタなど現代の作曲家には珍しい古典的な表題をもつ大規模な作品を残す。晩年は肥満により足が衰えて車椅子生活を余儀なくされ、2006年12月22日にサンクトペテルブルクで死去。87歳没。

2016/07/06 (2016/07/06更新) (CDジャーナル)

ディスコグラフィ