こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

ジャン=フィリップ・ラモー

プロフィール

1683年生まれ。1764年没。フランス出身。ヘンデル、バッハと並ぶ後期バロック最大の作曲家。教会オルガニストを歴任し、クラヴサン曲集を出版。後年は歌劇を中心に発表。理論家として近代の機能和声の基礎を築き、ブフォン論争ではフランス擁護派に回る。

2012/08/30 (2018/04/13更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ