こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

連載/コラム

(第8回)どんな曲の入ったアルバムですか?

連載: LinQにQつのQuestion!

掲載: 2012年04月18日 18:00

更新: 2012年04月18日 18:00

インタヴュー・文/出嶌孝次



LinQ4-8



デビュー1周年記念公演を大成功のうちに完走し、超待望のファースト・アルバム『Love in Qushu ~LinQ 第一楽章~』がついに本日リリース! 九州・福岡から日本全国にリンクし、タワレコのアイドル・レーベル=T-Paletteから破竹の勢いを見せつける30人超の大所帯グループ、LinQ。九州感全開のQ週間連載も今回で8週目。桜の季節が過ぎてもLinQの躍進はまだまだ続くよ!



・連載の第1回「LinQって何ですか?」はこちらから!
・連載の第2回「ユニットが2つあるんですか?」はこちらから!
・連載の第3回「1年経ってどうですか?」はこちらから!
・連載の第4回「自分だけの魅力は何ですか?」はこちらから!
・連載の第5回「いちばんの思い出は何ですか?」はこちらから!
・連載の第6回「LinQを知っていましたか?」はこちらから!
・連載の第7回「LinQに出会って変わりましたか?」はこちらから!



曲が出来てから西鉄バスに初めて乗りました



いよいよ本日リリースされた、LinQのファースト・アルバム『Love in Qushu ~LinQ 第一楽章~』。ちょうど1年前の初回公演のセットリストを再現したこの傑作について、今回はサウンド・プロデューサーのH(eichi)とコンポーザー/アレンジャーのSHiNTA、そして振付を担当するSOの各氏による全曲解説をお送りしましょう。それぞれの立場から曲のできた背景や狙い、振付のイメージ、ライヴでの見どころ、こだわり……などなどを訊いてみました!



1. LinQ Theme



アルバムのイントロであり、実際のライヴでも出囃子として使われている〈LinQのテーマ〉。フュージョン調に畳み掛けるアグレッシヴな演奏とDJのしゃべりを重ねて煽ってくる意匠は、最近だと東京女子流とSUPER☆GiRLS各々のアルバム序曲にも近い感じ? メンバーが多いから、これぐらいの尺が必要なのです。

eichi「中で叫んでる声に注目……さて、誰でしょう?」

SHiNTA「アイドルにしてはちょっとオープニング楽曲として長いんですよね~と思っていましたが、作品として皆さんに理解していただきたいと思い、OKしてもらいました」



2. ハジメマシテ



LinQ_A2
Photo by Kayoko Yamamoto



文字通り挨拶代わりの1曲となった、LinQを象徴する代名詞的なファースト・シングル。印象的なホーン・リフがそのままフックになる構造もキャッチーながら、動きのあるベースを軸にした週末シティー・ポップ調の仕上がりは非常に洗練されていて、いわゆる楽曲派のリスナーをLinQに惹き付ける大きなきっかけになりました。ちなみにアルバムでは前曲からシームレスになっているので、繋がっていないヴァージョンが欲しい人はシングルをどうぞ。

SO「フリもとにかく〈挨拶〉です」

eichi「SHiNTAが歌っていたデモを取り上げて、LinQの挨拶ソングに仕上げました。実は……西鉄バスにはこの曲が出来た後にLinQのメンバーと初めて乗りました」

SHiNTA「もともと僕の変な鼻歌がメロディーだったんです(笑)。まさか、アイドルソングになるとは思っていませんでしたね。さすがにそのままだとメンバーには聴かせられないので、eichiさんに頼んで仮歌を録っていただきました。毎回eichiさんに作詞をしてもらってますが、ここでも詞に救われました」



3. for you



前曲“ハジメマシテ”からの展開は、現在のライヴでも鉄板の流れ! スピード感満点の爽快なメロディーに細かく刻まれたビートがタイトに重なった、いわゆる〈打ちやすい〉タイプの現場仕様なパワー・チューンになっています。作詞・作曲を担当したのは、福岡で絶大な人気を誇るポップ・ユニット、isisのD-High-LoWを中心とするDAY.Cというチーム。ポジティヴな歌詞も相まって、メンバー間での人気も特に高い一曲です。

SO「キレの良さとBメロ部分の2人の気持ちのすれ違いを表現しました」

eichi「ライヴではかなり盛り上がる曲のうちのひとつですね。メンバーの意気もアガりますが、息もあがります……すいません」



4. Let's Feel Together



H(eichi)とSHiNTAが楽曲制作を手掛ける福岡のヴォーカル&ダンス・ユニット、TRICK8fが披露していたSHiNTA作のナンバー。透明感のあるピアノとクラップを効かせたダンクラ調のアレンジが爽快で、Ladyの本領発揮となる大人っぽいダンス・チューンになっています。ちなみに、TRICK8fも昨年CDデビューを果たしていて、今後の活躍が期待されます。

SO「振りのイメージは〈元気の良さ〉かな?」

eichi「TRICK8fの初期ナンバーとして書き下ろした楽曲です。アイドルの楽曲っぽくないところが逆に魅力だと思います」

SHiNTA「もともとは僕がユニット時代(TWO of COLORS)やっていた曲なんです。それを次にHiS-Trick(現TRICK8f)がカヴァーするようになってたのですが、eichiさん判断でLinQにもどうかという話になりました。あまり目立たない曲なんですが、いろんな方に良く言って頂いてるので嬉しく思っています」



5. 夏Magic



H(eichi)とYANAGIMANがかつて共作したナンバーを、新たにSHiNTAがリアレンジしたもの。どこかバンド時代のORIGINAL LOVEのような、90年代っぽい上質さが瑞々しいサニーサイドなジャズ・ファンク。なお、現在はケツメイシや加藤ミリヤらのプロデュース仕事で知られるYANAGIMAN(鹿児島出身)は、福岡での活動時にeichiとFunky Faceというバンドを組んでいました。ゆったりした雰囲気はeichiが手掛けたBibus Music Clubの隠れ佳曲“ねえ...会いたい”にも通じるものでしょう。

eichi「95年頃にeichiとYANAGIMANが福岡で活動中に制作した楽曲です」

SO「振りを考えてた時点では、もうちょっとセクシーな感じだったけど、本人たちに踊らせてみたら気が変わって、カワイイ感じに変えました」

SHiNTA「僕はアレンジ参加です。もともとはYANAGIMANさんとeichiさんがバンドでされてた曲だと僕は聞いています。できる限り原曲に近いようにしようと思ってがんばりました! 夏をイメージしていただければ幸いです」


特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!