こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

felicity

鳴り止まないSISTER JET

連載
Discographic
公開
2011/08/10   18:00
ソース
bounce 335号 (2011年8月25日発行)
テキスト
文/金子厚武

 

SISTER JET_A

 

西東京は福生の同じ高校に通っていた3人で結成されたSISTER JETは、2000年代初頭に海外で起こったロックンロール・リヴァイヴァルに日本人としていち早く共振し、ダンサブルなビート・ロックを鳴らすことで徐々に頭角を現した。共同プロデューサーにGREAT3の片寄明人を迎え、2009年にリリースされたfelicityからの初作『三次元ダンスLP』あたりまでは、ザ・フーやキンクスといった往年のバンドからの直接的な影響を感じさせるサウンドを鳴らしていたが、2010年の初のシングル“MR.LONELY”からはSALON MUSICの吉田仁がプロデューサーとなり、ストロークスなどにも通じる、より現代的な音作りへとシフトしていく。

ラジオでのパワープレイなどでバンドの知名度をさらに拡大させたシングル“キャラメルフレーバー”を経て、2011年初頭にはこれまでの集大成とも言うべき2作目『LONELY PLANET BOY』を発表。同作のリリース後、ワタルSは一時的なスランプに見舞われたそうだが、ラモーンズやチャック・ベリーのカヴァーを含む最新作『ロックンロール発電所』にはロックンロールに対する衝動を取り戻したかのような楽曲が並んでいる。そう、JETSはまだまだ止まらない!

 

▼SISTER JETの作品を一部紹介。

左から、2009年作『三次元ダンスLP』、2010年のシングル“キャラメルフレーバー”、2011年作『LONELY PLANET BOY』(すべてfelicity)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る