こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第110回 ─ Eternal Gift of ROCK 2009 MUNEROCK presents Munetaka Higuchi Forever Our Hero ~EVERLASTING MUNETAKA HIGUCHI~ @ 中野サンプラザ 2009年11月14日(土)

第110回 ─ Eternal Gift of ROCK 2009 MUNEROCK presents Munetaka Higuchi Forever Our Hero ~EVERLASTING MUNETAKA HIGUCHI~ @ 中野サンプラザ 2009年11月14日(土)(2)

連載
ライヴ&イベントレポ 
公開
2009/11/18   18:00
更新
2009/11/18   18:09
テキスト
文/澄川 龍一

  いやあ、とんでもないものを観てしまった……という感慨に浸るなか、今度は高崎のギター・ソロを交えてドラム・セッションへと繋がる。高崎のリフと共に真矢がドラム・ソロを披露して……と思ったら、ドラム・ライザーが移動し、同じようにshuji(Janne Da Arc)、鈴木、HIMAWARI(DUSTAR-3)、菅沼孝三というドラマーが次々に登場し、気が付くと舞台には5台のドラム・セットが並ぶというありえない光景に。その後、スクリーンに映った樋口のドラム・ソロとステージ上のドラマーが交互にドラム・バトルを繰り広げていく。かつてLOUDNESSのステージで行われた、樋口がスクリーンのなかの自分とドラム・バトルをするというセッションへのオマージュだ。途中、ミニ・ドラム・セットでの高崎による飛び入りもあり、ステージ上の全員がドラマー・樋口宗孝をリスペクトするようなドラム・ソロを披露する、あまりに濃厚なコーナーとなった。

  高崎、山下、ドラマー軍団、そして紫のジョージ紫(キーボード)によるジャムの後、いよいよ後半戦に突入。二井原の「ひぐっつぁんが好きだった曲」というコールからディープ・パープルの“Burn”が演奏される。LAZYがアマチュアの頃に大阪のTV番組で披露したことがきっかけで、ムッシュかまやつに見い出されてデビューに至った意義深い1曲だ。そして最後のスペシャル・ゲスト、奥田民生もヴォーカル&ギターで参加。LAZY、LOUDNESSの大ファンであり、LAZYとも同じステージに立った経験のある奥田だけに、バンドとの息もピッタリだ。そして、そのまま奥田が残ってLOUDNESSとのステージへ。“Never Change Your Mind”“Crazy Doctor”と往年の名曲を奥田が二井原と共に普段よりアグレッシヴなヴォーカルでデュエット。

  またしてもここでしか見られない貴重な光景を目撃したまま、本編は終了。その後のアンコールでは80年代の高崎のトレードマークであるランダムスターのギターを抱えた(!)奥田を含むヴォーカリスト陣によって、LOUDNESSが全米を席巻した名曲“Crazy Night”をはじめとした名曲の数々が披露され、最後は出演者全員による“Let It Go”でシメ。ドアーズの“The End”が流れるなか、あまりに豪華で、そして樋口さんの幅広い人脈と人望が窺い知れるイヴェントは幕を閉じた。二井原をはじめとした出演者が「今回は1回目」「また次回」と口にしていたが、今回のような素晴らしいミュージシャンたちによるイヴェントの開催を、われわれも、そして樋口さんも楽しみにしているはずだ。

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る