こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第1回 ─ 〈フジロック〉予習編! 参戦する編集部員たちの観覧シミュレーション&推薦盤!!

★マーク・アーティストの作品を一挙紹介(Part.1)!

連載
オレらの夏フェス 予習・復習帳 '09
公開
2009/07/22   18:00
更新
2009/07/29   18:51
テキスト
文/bounce.com編集部

ANIMAL COLLECTIVE『Merriweather Post Pavilion』Domino/HOSTESS(2009)

音の精霊だけが住む楽園のような島にハンディー・カメラを持って上陸した奇特な若者たちから、不定期に送られてくる島の風物紹介ビデオ・レター。そんな例えをしたくなるほどに、アニマル・コレクティヴのアルバムはいつも視覚的である。奔放に飛び交う生音や電子音、突如湧き上がる美しいメロディーやクルクルと循環するリズム──島の各所に立ち現れるそうした〈音の映像〉は、飛んだり跳ねたりするカメラマンの動作に合わせて、さらにめくるめく変化を遂げていく。さて、かつてのカオティックなフリー・フォーク的スタイルをよりエレクトロニックな方向に推進した前作『Strawberry Jam』から約1年半ぶり、その間にメンバー各々の別プロジェクトが日本でも話題となるなか、現代USロック界最高の異能バンドともいうべき彼らから9本目となるレター『Merryweather Post Pavilion』が届いた。好奇心の赴くまま跳梁を繰り返したような総天然色の音像はそのままに、全体のポップな鮮明度がまるで地デジ対応のハイビジョン映像の如く格段に上昇しているのに仰天。いままでの手ブレにも似た音の揺らめきは希薄になったとも言えるが、ヴォーカルも各楽器もメロディーも輪郭がより明瞭になったぶん、煌めきのサイケデリアが強烈な彩りを増し、リスナーの脳内視界を一気に広げてしまうのだ。これほどの眩い酩酊感はちょっと他では味わえない。カメラのフレーム外に展開している風景、つまり実際に聴こえるサウンド以上の音が確実に鳴り響いていることを体感できる、驚異の傑作。(北爪啓之/bounce 2009年03月号掲載)

また、だ。今回も1曲目“In The Flowers”が響きはじめた途端、彼らの幻想的な世界へ(“My Girls”のPVみたいに)とろけるように引きずり込まれてしまった。北岡明佳によるジャケットの錯視アートのように、トリッピーでサイケデリック、実験的でクレイジーな瞬間が多い一方で、愛嬌もある。カテゴライズしづらい2000年代末現在的なサウンドは、イマジネーションに溢れている。近作で確認できたエレクトロニカ的なサウンド/アイデアは、やはり増幅。美しく高らかに響き渡るエコーは恍惚感を、変則的なビートはエキセントリックなムードを煽る。とはいえ、フリー・フォークとして紹介されることの多かった彼らだけに、無機的な印象はあまりなく、エレクトロニカ志向も違和感なく溶け込んでいる。ミラーボールの光というより、太陽の光が眩いくらいに輝きを放っているかのような、ドリーミーなポップ作品となった。彼らのパヴィリオンは、ユニークな世界観を特長としながらも独善に陥らず、リスナーを歓迎してくれることが好感の持てるポイント。特にこの新作では、前作『Strawberry Jam』以上に一曲一曲をキャッチしやすくなった感がある。全米チャート13位(!)という結果にも頷ける、といったところか。確実にブラッシュアップされたアニコレ。これでまたファンを増やしそうだ。(栗原 聰/bounce 2009年03月号掲載)

吾妻光良 & The Swinging Boppers『Sweatin' Ballroom/Jumpin' at the Cuckoo Valley』 HOT RIVER(2009)

日本が誇る最高のビッグバンド、われらがバッパーズによる初のライヴ盤。2007年11月に東京キネマ倶楽部で行われた抱腹絶倒のステージが80分弱のヴォリュームで収録されている。ゴキゲンにスウィングするグルーヴ、ダイナミックなホーン・セクション、そして吾妻光良先生の時事ネタを織り交ぜたユーモア満点の歌世界と切れ味鋭いギター・プレイが鳴り響く! 不景気も忘れて温かい気持ちになれる至福のひとときをぜひ。(野崎知道/bounce 2009年03月号掲載)

BAD BRAINS『Build A Nation』 Megaforce/Pヴァイン(2007)

〈なんじゃこりゃ?〉―― バッド・ブレインズを初めて聴いた時、その強烈なエネルギーと独創的なサウンドをどう受け止めていいかわからなかったものだ。パンクとラスタファリズムをハイブリッドした彼らの神々しい音楽は、世界中の人々にいまなお衝撃と影響を与え続けている。そんな誰もが真似しようとも到達すらできない前人未到唯一無二の音楽が、完全なオリジナル・メンバーで戻ってきた! 結成30年、通算7枚目となる新作は、彼らを師と仰ぐビースティ・ボーイズのアダム・ヤウクが制作を全面的にヘルプ。一貫して変わらないポジティヴでスピリチュアルなヴァイブは、聴けば聴くほど〈バッド・ブレインズ〉だ。初期の音源を彷彿とさせる荒々しいエッジの立ったプロダクションの復活が本当に嬉しすぎる! (KATOMAN/bounce 2007年08月号掲載)

BURAKA SOM SISTEMA『Black Diamond』 Enchufada/Fabric/HOSTESS(2008)

ビッカビカに黒光りする世界一オゲレツでズルムケなゲットー・ダンス・ミュージック! ポルトガルから突如現れた3人組、ブラカ・ソン・システマのファースト・アルバムがUKのファブリックから出ました。バイリ・ファンキにゲットー・テック、トライバルなアフロやソカを掛け合わせて、エレクトロ風味をザックリと取り込みつつ、やたらとハイエナジーなレイヴィー・ヒップ・ハウスに仕上げたような作風は、すでにディプロやシンデンなどの珍奇ベース音楽愛好DJ の皆様にも絶賛されている模様です。こういうリズムをアフリカ音楽で〈クドゥロー〉というらしいんですが、こんなのが出てくるとはまだまだ世界は広いですね~。あ、忘れてましたがゲットー・ポップスターのM.I.A.も参加してますよ! (櫻井 誠/bounce 2009年01、02月号掲載)

ELI “PAPER BOY” REED & THE TRUE LOVES『Roll With You』 Q Division/Pヴァイン(2008)

まるで60年代初頭からタイムスリップしてきたようなムードを醸す彼らは、イーライ・リードなる20代の白人シンガーを中心としたマサチューセッツのバンド。オーティス・レディングやサム・クックらへの憧憬がストレートに伝わる作風とシャウト唱法にニンマリさせられつつ、こだわりをとことん追求したヴィンテージ感とキャッチーなヴァイブの同居ぶりに引き込まれる。老いも若きも楽しめるリズム&ブルースの逸品! (佐藤ともえ/bounce 2008年11月号掲載)

GANG GANG DANCE『Saint Dymphna』The Social Registry/Pヴァイン(2008)

アンダーグラウンドで熱狂的な支持を受ける彼らが、壮絶なフリーキー・アヴァン・サウンド満載の傑作を従えて3年ぶりにシーンの最前線に舞い戻った! 同じくNY出身のアニマル・コレクティヴを引き合いに出せばちょっとは理解してもらえるか、オリエンタル、サイケ、トライバル、エスノ、エレクトロなどなど、いかようにも聴こえる楽曲群はもはや前衛アートの域に達していると言っていい。今年に入ってホイットニー美術館主催のビエンナーレに参加しているが、本作で聴けるさまざまにコラージュされた砲弾の如きビートも、異国へと誘うエスニックなアレンジも、悪夢のように繰り返されるフレーズも、すべてオルタナティヴなバンド・サウンドであると同時に、パフォーミング・アートであることを証明している。(平塚 望/bounce 2008年10月号掲載)

Harp On Mouth Sextet『SOUND GARDEN』Imagined(2008)

関西電子音楽界の重鎮・RUBYORLAを中心とした、パーカッションや改造ハーモニカ隊から成る8人組。雅楽+ダンス・ミュージック=〈エレクトロニカ雅楽〉という独自のスタイルで話題を呼んでいる彼らが、2枚組の新作を発表した。新曲に加えてALTZやRIOW ARAIのリミックスを収めたDisc-1では、ハウスやブレイクビーツ、エレクトロニカをベースに、折り重なる妖艶なハーモニカの音色と浮遊するシンセのリフが躍動的なパーカッションのリズムと共鳴する、激ドープなサウンドを炸裂。また、スタジオ・ライヴ音源を収録したDisc-2は、咆哮するようなリズムとハーモニカの倍音が脳を別世界へと誘う超絶トリップ曲“大団演舞 最終章”など、ダイナミックな展開が堪能できる。まさに前代未聞の驚愕作! (郡司和歌/bounce 2009年01、02月号掲載)

9mm Parabellum Bullet『VAMPIRE』EMI Music Japan(2008)

やはりとんでもない新作を完成させてしまったか、とまたもや脱帽宣言です。より逞しく、グッと洗練された4人のタイトなアンサンブルにまず驚き! 持ち前のメタリックなサウンド&演歌ナイズされたメロディーをあれやこれやした個性漲りまくりの楽曲は、どれも名曲と呼べます。なかでも“The revenge Of Surf Queen”なんてまさかな曲名の、まさかの60'sサーフ・インスト風ナンバーという飛び道具には一本取られました! (加藤直子/bounce 2008年11月号掲載)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る