こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第181回 ─ 夏に向けてドッと充実してきたユーロGの現状をまとめるぜ!

ディスクガイド(その2)

連載
360°
公開
2009/07/08   18:00
ソース
『bounce』 311号(2009/6/25)
テキスト
文/DGノックアウト、Masso 187um

SENO 『Paradis Artificial』 Thug Cartel(2008)
ル・セール・ブランの一員として活動し、ボンサグとの勝手なコラボ盤でも知られる古株、セノのソロ作。S.O.B.がギターやトークボックスなどでバックアップしてるせいか、厚みのある聴き心地だな。ドッグマスターの参加曲も最高だぜ~。*DG

AELPEACHA 『Le Pelerinage』 Studio Delaplage(2008)
90年代からプロデューサーとしても活躍してきたフレンチGの立役者。この最新作でもオージェイズやラモン・ドジャーのネタ使いを交え、ヴェテランらしいソウルフルな感触で聴かせるぜ。ジャケ写は敬愛するイージー・Eのお墓の前で撮影したもの! *DG

VARIOUS ARTISTS 『Moni & Mac Sucrey Presentent Bizness International』 Moni & Mac Sucrey(2008)
中堅のモニ&マックが監修した仏米コラボ盤だが、珍しいのはUSからの参加者が西海岸じゃなくHタウン中心だってことだ。ビッグ・マイクやビリー・クックが登場するぜ。*DG


MSJ 『Celiba'tape 0.77』 Studio Delaplage(2008)
パリの東に位置するトルシーのラッパー、MSJのミックスCD仕様アルバム。自身名義だけでなくアエルピーシャ作やコンピ提供曲からもピックし、ドッグマスターを交えたフリースタイルもアリ! *Masso

VARIOUS ARTISTS 『West Coast Talk Box』 Underworld 805/Pヴァイン(2009)
アルダズも在籍したアンダーワールド805のトークボックス曲を集めたコンピ。ユーロ作品ばっかじゃないんだが、DJ AKとドッグマスターがフィンガズらと並んで存在感を見せているのでチェックすべき。夏の定盤だぜ! *DG

NICE COAST 『Tactic Et Test』 Funky-Shit(2008)
その名のとおり地中海に面するフランスの都市ニースを拠点とするトリオ。生音を用いたプロダクションはメロウもあればブリブリなファンク系もありで、ディスコ調の“Gangsta Party”をはじめファンキーな秀曲揃い。*Masso

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る