こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第87回 ─ Qomolangma Tomato @タワーレコード渋谷店 2008年5月21日(水)

第87回 ─ Qomolangma Tomato @タワーレコード渋谷店 2008年5月21日(水)(2)

連載
ライヴ&イベントレポ 
公開
2008/05/29   18:00
更新
2008/05/29   18:47
テキスト
文/土田 真弓

  音源よりもややBPMを上げたギター・リフが、フロアの緊張感をあっという間に沸点ギリギリまで高めていく。とりつかれたように〈怖い〉と繰り返す石井の絶叫。グイグイと前にせり出してくるかのようなベースラインと気迫のドラム。理性を強引に剥ぎ取られた観客たちが、熱にうかされたように狂喜乱舞する。抗いがたいグルーヴが地下を震わせる。胃の腑が波打つ。汗が飛び散った瞬間に蒸発するような錯覚に陥る。何だか熱い。

  続いては“vote creative sounds”と“無気力”。ハードコア・シーンの異端児がたった1年のあいだで急成長を遂げた理由のうちのひとつに、ベーシスト・山中が手中におさめた強力なファンクネスがある。地を這いながら大きくうねり、突如、鎌首をもたげては観客を呑み込むベースラインは、聴き手の意識をすり抜けて肉体をダイレクトに刺激する。

  大工原の豪快なドラムも、もちろん健在。Qomolangma Tomatoの骨太なビートと恐ろしい吸引力を誇るグルーヴを全身全霊で支えているのは、彼の鬼気迫るドラミングだ。

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る