こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第85回 ─ KAIKOO meets REVOLUTION @横浜ZAIM 2008年4月26日(土)、27日(日)

第85回 ─ KAIKOO meets REVOLUTION @横浜ZAIM 2008年4月26日(土)、27日(日)(2)

連載
ライヴ&イベントレポ 
公開
2008/05/08   14:00
更新
2008/06/10   19:00
テキスト
文/浅沼 優子、小野田 雄、ヤング係長、澤田 大輔

4月27日(日)

15:00~
■8otto @QUEEN ROOM


  正統派のロックンロールを標榜しつつ、そこからダンス・カルチャーともリンクするグルーヴを引っ張り出してくる8otto。この日も、イーブン・キックが刻まれるダンサブルな楽曲をたたみ掛け、チラ見の観客をもどんどんフロアに引きずり込む。かと思えば「ロックだとかピコってるとか、そういうことは関係ないんで。響くか響かないか、それだけだから」と言い放ち、リフ主体のゴリゴリとしたロックンロールを連発。さらに「アングラかメジャーかもどうでもいい。オアシスとかレイジにもいい曲はあるから」と、ちょっと挑発的な言葉を投げかけ、それがまた熱狂を呼び込む。重いベース・ラインがダイレクトに腰を直撃する“China”が繰り出される頃には盛り上がりも頂点に。ラストはフィードバック・ノイズが暴力的に反復され、メンバーの体がオーディエンスの頭上を舞った。*澤田

17:15~
■THA BLUE HERB @KING ROOM


  初日に比べ、お客さんの数が圧倒的に多かった2日目。なかでも最大の動員を記録したであろうアクトは、THA BLUE HERBだった。開始30分前から会場の〈KING ROOM〉は超満員。そこに、彼らを一目見ようとさらに人が集まり、全く身動きが取れない! それでもDJ DYEとILL-BOSSTINOの1DJ&1MCによる、最小限の構成で最大限の威力を持つライヴが始まると、みんなすっかり引き込まれていた様子。この日の嬉しいサプライズは、フジロックでのパフォーマンスが伝説となっている(YouTubeでの再生回数は20万近く!)“Ill-Beatnik”! ノヴァ・ノヴァ“Tones”のピアノ・トラックをバックに歌い上げるこの名曲は、最近のセットではあまり見ることがなかっただけに、感激したファンも多かったことだろう。*浅沼

18:00~
■キセル @HORSE Rord Floor

  最近はバンド編成によるライヴが多いキセルだが、この日は辻村兄弟&ドラム・マシンのシンプルなスタイルで登場。“ハナレバナレ”でゆるやかに滑り出し、続く“春の背中”の捩れた旋律が、夕暮れ時の最上階フロアをふわりと宙に浮かべる。「僕たちは兄弟バンドというのが特色でして……」と、そこまでアピールしなくてもいいような話を2度繰り返したり、曲中で突然倒れてしまった柱をスタッフが立て直す間、演奏をループしながら待機したり……。そんなハプニング(?)が醸し出す奇妙な空気も、彼らの持ち味であるトリップ感覚に拍車をかける。ラスト近くに披露された“君の犬”では、ミュージカル・ソウの暖かくももの悲しい響きが場内を包んだ。簡素なアンサンブルだからこそ、日常からサイケデリックな空気を掬い上げるキセルの資質が、より顕わになった45分だった。*澤田

18:00~
■KODAMA KAZUFUMI with 1945 a.k.a. KURANAKA @QUEEN ROOM

  まずはDJ 1945 a.k.a. KURANAKAがプレイ開始。そして今年3月に亡くなった上田現の曲がプレイされるなか、こだま和文がトランペットを片手に姿を現した。場を和ませる独特のトークを挟みながら、“Greensleeves”や“夏の思い出”といった名曲を演奏。ちょうど夕暮れ時だったこともあり、じんわりと染み渡るようなトランペットの音色に、多くの人が目を閉じて聴き入っていた。カリンバの演奏や自身のヴォーカルを披露する場面も。何度も「今日はたくさんの会場があるのに、皆さんがここに集まってくれて嬉しい」と語っていたこだま氏。盛大な拍手に応え、「悔いのないように」とアンコールを一曲演奏し、最高にピースな雰囲気のショウを終えた。*浅沼

19:00~
■MC漢/PRIMAL @QUEEN ROOM


MC漢

  自ら「俺たちは縦ノリとか横ノリとか言う前に、まず悪ノリだから」と語り、和やかだったこだま和文&1945とは対照的な雰囲気で始まったMC漢のステージ。まずは、太華&SharLeeが多彩なビートボックス技で会場を温めた。DJはKOHAKU、サイドキックは麻暴。漢が登場するなり、客席ではダイヴする人が続出! 一番の盛り上がりどころは、強烈なフックでお馴染みの“心にゆとりとさわやかマナー”(MSC)だろう。元財務省という会場、お役所系の建物にかこまれたロケーションで聴くのは、ある意味貴重な体験!? ライブ中のMCによると、夏にはセカンド・アルバムの発売を予定しているそうだ。続くPRIMALはヒット・シングル“武闘宣言”で勢い良く飛び出し、迫力あるパフォーマンスを披露。漢と共にキレのあるフリースタイルを聴かせるなど、〈Libra〉ファミリーの実力を存分に印象付けた。最後にはDJ BAKUまでスクラッチ・ビートで飛び入り参加し、ファンも大満足の内容だった。*浅沼

19:15~
■EYヨ @BLACK EMPEROR Floor


  REBEL FAMILIAの重低音を受け継ぐように〈BLACK EMPEROR Floor〉のラストを飾るDJブースに立ったEYヨ。ハウス・トラックを軸にしつつ、あらゆる音楽からトランシーな瞬間をえぐり出し、重ねていくようなプレイで1時間半をひた走る。シゴキっぽい体力勝負になりがちのハードな展開にも関わらず、どこか軽快な印象を残した音像を作り出すのがEYヨのDJの素晴らしさ。そのトライバルなグルーヴに乗せられて、疲れきった体も思わずスルスルと動き出してしまう。最後まで居残ったダンス・クレイジーたちも、高いテンションでEYヨの繰り出す一音一音に応え、2日間に渡ったパーティーの終演までその熱狂が途切れることはなかった。*澤田 

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る