こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第29回 ─ 祝・来日! ジェイソン・フォークナー×くるり独占鼎談

第29回 ─ 祝・来日! ジェイソン・フォークナー×くるり独占鼎談(2)

連載
Go! Go! NOISE McCARTNEY RECORDS
公開
2007/10/11   15:00
更新
2007/10/11   17:22
テキスト
文/bounce.com編集部  通訳/ Mai Sasaki

――ジェイソンさんは今年、8年ぶりのソロ・アルバムを発表されました。

ジェイソン ようやくリリースできて嬉しいよ。2004年にエールのツアーが終わってから、2006年までの2年間は、ぼくにとってとてもつらい時期だったんだ。音楽業界に失望して、がんばる意義を見いだせなくなってしまって。だから、それを乗り越えたときは嬉しかった。結局、音楽の仕事をすることでしか、それを乗り越えることは出来なかったんだけどね。

佐藤 8年ぶりなので、音楽的にすごい大人になって、今までと全然違う路線でくるのかな、なんて思ってたんですよね。でも聴いてみたら、全然変わってない、ただの音楽キッズっていうか。ジェリーフィッシュの時代から、ずっと同じモチベーションを音楽に対して持っていてくれているように感じて、すごく嬉しかったですね。

ジェイソン サウンドに関しては、ちょっと不安な部分もあったんだ。自分のスタジオで、たった一人で作ったアルバムだからね。誰もいない所でミックスもして。だから、そう言ってもらえると、とても嬉しいよ。

岸田 サウンドも好きなんですけど、ソング・ライティングがすごいんですよね。ぼくにとってジェイソンは、曲作りの先生なんですよ。ポップスの方程式があったとしたら、二次方程式でも鶴亀算でも、どんな方法で解いても全く同じ答えが出るくらい、煮詰めてアレンジされている。しっかりした、するめみたいな曲作りというか。でも、それをがんばってやっているんじゃなくて、自然にできているのがすごい。例えばXTCのアンディー・パートリッジなんかも好きなんですけど、ちょっとひねり過ぎに感じるところがあるんです。ジェイソンはもっとオーガニックで、少年の心を持っている感じ。

ジェイソン 僕も子供の頃、アンディーが大好きだった。でも、いま聴いてみると、確かに〈努力〉みたいなものを垣間見てしまうよね。

岸田 ジェイソンの新作には、過去のソロ作品以上にソウル・ミュージックを感じるんですよ。

ジェイソン よりダイレクトなアプローチを心がけたかったんだ。自分からマイクに至るまで、何の障壁もないような。70年代のグレン・キャンベルやポール・ウィリアムスは、カメラ目線で、皮肉な部分がない心からの歌を歌っていた。そういうのが大好きなんだ。ぼくも若い頃は自分で壁を作ってしまっていたところがあって、ちょっと皮肉っぽいようなところがあった。自分を守るために、そういうパンク的な態度を取っていたんだね。

岸田 どんなミュージシャンにも、そういう時期はありますよね。

ジェイソン そうだね。でもそういう時期は終わったんだよ。

──最後に、ジェイソンさんはくるりの作品は聴かれましたか?

ジェイソン ベスト盤を持っていて、とても気に入ってるよ。アナログ盤は出してる?

岸田・佐藤 何枚かは。

ジェイソン ほんと! 京都音博で聴いた曲で、まだ知らないのがあったんだ。セットリストが日本語だったから、曲名がわからなくて。だからアルバムを全部聴きたいんだよ。

岸田 後で差し上げるんで、聴いてみてください。あなたの音楽からの影響が、たっぷり聴き取れると思います(笑)。

※NMR BLOGにて、〈Jason Falkner Japan Tour〉をNMRスタッフが追っ掛けたツアーダイアリーを更新中! 是非ご覧下さい。
http://www.quruli.net/cgi-bin/nmr_blog.cgi

◆NMRハミダシ情報
〈MINAMI WHEEL〉フェス初参戦を記念して、NMRプレゼント大放出企画!
ゆーきゃん with his best friends、LUCKY LIPSの〈MINAMI WHEEL〉初参戦を記念して、この2バンドをご覧頂いた方へNMRスペシャル・グッズをプレゼントしちゃいます。お見逃しなく! 詳しくは、以下のページへアクセス!
http://www.quruli.net/nmr/cgi-bin/news.cgi

〈MINAMI WHEEL 2007〉出演情報
●ゆーきゃん with his best friends
日時:10月26日(金)20:30~
場所:SUN HALL
ゆーきゃん MySpace:http://www.myspace.com/akaruiheya

●LUCKY LIPS
日時:10月28日(日)20:00~
場所:DROP
LUCKY LIPS MySpace:http://www.myspace.com/luckylipsjp

総合問い合わせ:http://funky802.com/minami_2007/

◆今月のくるりの近況
1. くるり×オーケストラによる『ワルツを踊れ』完全再現公演、開催決定!
先日大団円を迎えた、くるり初の全国ホールツアー「ふれあいコンサート」を本当の意味で締め括る、〈くるり「ふれあいコンサート」ファイナル〉が決定しました! 12月11日(火)、12日(水)にパシフィコ横浜・国立大ホールにて、オーストリアよりウィーン・アンバサーデ・オーケストラを迎えての、アルバム『ワルツを踊れ TanzWalzer』完全再現公演です!! 大盛況に終わった〈京都音楽博覧会 IN 梅小路公園〉に続き、くるり史上に残るコンサートとなることは必至! チケット完売も必至!! どうぞお見逃しなく!!!
なお、くるりonWEBにて特別先行予約を実施しますので、是非このチャンスを利用してチケットをゲットしてくださいね!

2. イベント出演続々決定!
12月1日(土)、2日(日)に京都大学西部講堂にて開催される〈みやこ音楽祭〉(http://www.miyakomusic.com/)に、今年も出演決定! さらに、ジョン・レノンの命日である12月8日(土)に日本武道館にて開催される〈Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ〉(http://www.dreampower-jp.com/)にも初めて出演することが決定しました! 競演アーティストや選曲など、共に見どころ聴きどころ満載のイベントです! ご参加される皆様はお楽しみに!!

▼NOISE McCARTNEY RECORDS、くるり関連作品を紹介

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る