こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第114回 ─ ついに凱旋を果たしたトリルの女王、DJ PRINCESS CUTとは何か?

カット姫のトリルな履歴書

連載
360°
公開
2007/04/12   16:00
更新
2007/04/12   17:16
ソース
『bounce』 285号(2007/3/25)
テキスト
文/出嶌 孝次

『Bout 2 Blow』 SEA(2005)
日本でも流通されるようになった最初の一枚。南部チカーノの顔役であるチンゴ・ブリングとスクリュード・アップ・クリックのESGをホストに配し、ヒューストン~ダラスの地上から地下までをスクリューでドロリと溶解。先頃アルバムを発表したボス・ホッグ・アウトロウズのキラー・カイリオンなど、新進連中がいち早くチェックできるのも嬉しい。

『Underground Queenz Volume 2』 PC(2006)
主にサウスで活躍する女性ラッパーたちの楽曲をミックスした〈UGQ〉の第2弾。ラシーダやエボニー・アイズ、ショウナ、クライム・モブのダイアモンド&プリンセス、カイアなど、前作以上に広範な地域から豪華なメンツが馳せ参じるなか、ラ・チャットとの“Splash”などを提供したギャングスタ・ブーが凄い!

『Bout 2 Blow Volume 2』 SEA(2006)
トレイとDSRのトム・トムをホストに迎えたシリーズ第2弾。総勢10組による“Dallas Mic Pass”や期待のルンバといったダラス勢はもちろん、故ホークの名曲“H-Town Stomp”やビリー・クックの熱唱、さらにカミリオネア、ポール・ウォール……と聴きどころだらけの酩酊スクリュー・ミックス! 通常スピード盤付きの2枚組。

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る