こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第50回 ─ テクノリエント

第50回 ─ テクノリエント(3)

連載
Discographic  
公開
2006/04/06   16:00
更新
2006/04/06   21:43
ソース
『bounce』 274号(2006/3/25)
テキスト
文/石井 隆広、石田 靖博

『Post Office 2』 Telegraph(2004)
ゲットー・テックがアミル(ケンドーコバヤシ似)の好みなら、これはシャール好みか。いま熱いフレンチ・クリック・ハウスの中核=テレグラフとのコラボによる強力コンピで、人気のヴィラロボスやルチアーノ、注目のダンディ・ジャックも収録。
(石田)

DJ GODFATHER 『The Godfather Chronicles -The Ghetto Tech Sound Of Detroit』 Bassball(2004)
〈デトロイト=硬派〉という思い込みを1秒で粉砕するゲットー・テック大統領、DJゴッドファーザーの全貌があきらかになるミックスCD&ドキュメントDVD! BPM160オーヴァーで突っ走るわ、DVDに登場するギャルどもが皆ケツ振りまくるわの異空間! ケツ見てニヤけるアミルの姿もあるYO!
(石田)

DJ NASTY 『King Of Beats』 Bassball(2005)
本場のゲットー・テックを聴かせちゃる!と登場したのはデト地下ラジオの英雄、DJナスティ! 本物じゃん! 当然の如くBPMも低音も超硬スネアも下品さも曲数(65曲!)もすべてが過剰! これこそデトロイト&テクネイジアの心からのおもてなし。気をつけないと体調崩すYO!
(石田)

TECHNASIA 『Recreations』 Technasia(2002)
テクネイジアのヒット・シングルを再構成したリミックス集! リミキサーにレナート・コーエンやクロード・ヤングなどを起用し、オリジナルの良さを活かした好ヴァージョンを披露。テクネイジア自身もリミックスに参加!! オリジナルと聴き比べるも良し。
(石井)

DOUBLE X 『A : Live』 Minimaxima(2004)
アレクサンダー ・コワルスキーとトルステン・リシュコーによるコンビが、結成から5年を経て完成させたファースト・アルバム。ハードなリズムと流れるようなシンセ・リフの響きが自然に気分を高めてくれる。ヨーロッパ特有のハードさとデトロイトの美しさをミックスした傑作アルバムだ。
(石井)

FIXMER/McCARTHY 『Between The Devil...』 Minimaxima(2004)
もはや伝説と呼べるユニット、ニッツァー・エブのヴォ-カリストだったマッカーシーが、ジゴロからのヒットでお馴染みのフィクスマーと手を組んだ強力ユニット! ニッツァー・エブばりに叩きつけられるノイジーなハンマー・ビートと歌声がどこか懐かしく、同時に新鮮だ!!
(石井)

FABRICE LIG 『The Story Of A Musical Puzzle』 Minimaxima(2004)
あのマッド・マイクをして〈白いUR〉と言わしめた男、ファブリス・リグのベスト盤。満天の星空を想像させるスケールの大きいスペイシーなトラックは、テクノ/ハウス両サイドからの支持も厚いもの。彼が描き出すクラブ・ミュージックのすべてがここにあります!!
(石井)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る