こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第2回 ─ 今年の夏フェスのベスト・アクトはこの人だわ!!(フジロック編)

連載
Tracks bouncin back to back!
公開
2005/07/25   18:00
更新
2005/08/02   22:10
テキスト
文/bounce.com編集部

先月からスタートしたbounce読者&ブロガー参加企画〈Tracks' bouncin' back to back!〉。これは毎月のテーマに応じて、皆さんのブログからトラックバックを募集するコーナー。テーマ(お題)&bounceスタッフのエピソードを読む→ブログで個人的な音楽体験談(エピソード付きでね!)を綴ってトラックバックしていただく→次号のbounce誌で、トラックバックしていただいた方のお話などを紹介……と、ひとつのテーマをもとに皆さんのブログとbounce.comをつないでみよう!という企画です(トラックバックについての解説はこちらから)。「普段トラックバックをする機会がない」なんて方も気軽に参加してみてくださいね! 第二回のテーマはいよいよ〈フジロック〉開催直前ということで…。

今月は夏休みスペシャル!! ってことで、夏フェス特集でいきますよ! ずばりテーマは今年の夏フェスのベスト・アクトはこの人だったわ(or この人に違いねえ)!!です。〈フジロック〉(7/29~31)を皮切りに、〈サマーソニック〉(8/13、14)、〈ライジングサン〉(8/19、20)と、ビッグフェスの開催を控えているので、開催前後は、ドシドシと個人的な熱い意見(もちろんフェスの感想&レポートも大歓迎!)を寄せてくださいね! というわけで、まずは190あまりの出演アーティストを誇る〈FUJI ROCK FESTIVAL '05〉から。*bounce.com編集部

・出演アーティスト、bounce&bounce.com取材担当が直前予想。〈フジロック〉、これは見逃せない!

■ギャング・オブ・フォー、ケイク、ポーグス、スティール・パルス
まずは、ギャング・オブ・フォー。去年なぜかファーストを良く聴きました。あの切り裂くようなギターのカッティングを生で見てみたいですね。そして、ケイク。ファーストから聴いていますが、いまだにライブ未体験の注目グループ。僕はロックバンドにトランペットが入っている編成に目がないのです。やっぱり、ポーグス。高校生の時にカヴァーバンドでドラムを叩いていた事もあり、ヴォーカルのシェーン復活で期待が高まります。最後に、スティール・パルスも実はかなり注目!伝説のレゲエドラマーの中でも、ここのドラマーはハンパじゃない。影響うけました! *青柳拓次(LITTLE CREATURES)

■ビッグ・ウィリーズ・バーレスク、ファットボーイ・スリム、SAKEROCK
ビッグ・ウィリーズ・バーレスク。いつもの練習帰り、うちのメムバーが「ジャンプ・ウィズ・ジョーイのドラマーがオモロそうなラテン・バンドやってて…」って話になって、なんだかそんな話を聞いていたら元ジャンプ・ウィズ・ジョーイのドラマー、ウィリーが今どんなことをやっているのか見たくなってしまったその場の雰囲気に流されやすいオレですが、その後、アー写を見てニヤリ…。これは楽しみです。それとファット・ボーイ・スリム。3万人以上が集結しているであろう会場で、アノ曲コノ曲が流れてきたらかなりウケるんだろうなと思いまして。生まれてはじめてLAで〈HOLLYWOOD〉の看板を見た時の衝撃よ再びという感じです。テレビでしか見たことなかったから思わず、笑っちゃったんです。そんな感じッス。あとは、もちろんレーベルメイトSAKEROCKの勇姿を拝んで大人しく帰路につきます…。 *サイトウジュン(YOUR SONG IS GOOD)

■気が向いた時に、気が向いた人たちを…
すみません、あんまり(ラインナップを)把握できておりません。フジロックは居るだけで楽しいので、気が向いた時に、気が向いた人たちを見ようと思います。(今回の出演は)苗場食堂という事で、何かを食べながらやりたいなと。メインステージに疲れた人々に捧げたいと思います。 *星野源(SAKEROCK)

■ニュー・オーダー、ソウライヴ、コールドプレイ
ニュー・オーダー。あまり見る機会もなく、死んじゃうかもしれないんで。ソウライヴ。昔から聴いてたんで、また聴きたい!  最後に、コールドプレイ。超有名だし、知ってる曲が流れたら感動するから。(自分たちの意気込みに関しては)とりあえず倒れない様に! 見かけたら食べ物と飲み物を下さい!  *SPECIAL OTHERS

■ケイク、YOUR SONG IS GOOD、スカ・クバーノ、ポーグス
なんといってもケイク。グルーヴィーなアコースティック・サウンドはジャック・ジョンソンらの10年先を行ってたよね。ヘロヘロなマリアッチ・トランペットがキーなんだけどさ。今年の夏フェスの顔=YOUR SONG IS GOODが〈フジロック〉でどんな伝説的パフォーマンスをしてくれるのかも楽しみ。あと、スカ&キューバというフレッシュな音楽がサイコーなスカ・クバーノ(まんまな名前)を生で聴くのもいい感じだろうねえ。で、(青柳)拓ちゃんとかぶっちゃうけど、オレらの世代(30代前半)にとっては、やっぱりポーグスって名前を聞いただけで熱くなるんよね!! *だいさくじょび(bounceへんしゅーちょー)

■マッドリブ、ヴィタリック、ピート(ニュー・オーダー)
苗場に行けども夜行性になりそう…なので、マッドリブのDJ、ヴィタリックのライヴ、ニュー・オーダーのピートのDJあたりに期待しちゃいます。マッドリブはピーナッツ・バター・ウルフと揃っての来日。ジャズ、レゲエ、ブロークンビーツ、そしてヒップホップを横断するプレイで苗場を和ませてくれそう。ヴィタリックはラップトップ一台で暴走するという凶暴テクノ・パフォーマンスに激しく踊らされそう(その後ろにはテクノ・マエストロ、ローラン・ガルニエ!!)。そしてニューウェイヴ回帰たかまる昨今、シェフィールド出身のヘヴン17あたりに腰を振っている身としては、ニュー・オーダーのピートのDJ(選曲)も気になるところです!!! *原田亮(bounce.com)

・〈フジロック〉終演、これがベスト・ライヴだった!!

■忌野清志郎!!
まあ、ケイク目当てに今年は行ったんだけど、予想通り素晴らしくヒネクレたヘンなサウンドでサイコーだったな。もちろん、ユアソン(YOUR SONG IS GOOD)も一発目で物凄いテンションのパフォーマンスを見せてくれたし。でも・・・今年のベスト・アクトはキヨシロー!! デビュー35周年で気合いも入ってるんだろうけど、イジョーなハイテンションのままヒット曲のオンパレードで、オーディエンスはずうっと大合唱!!って、この国ではキヨシローでしか有り得ない光景に感動の涙が止まらんかったよ。歳取ってなお凄みが増したヴォーカリゼーションに、完璧、鉄壁のバンド演奏。圧倒的に忌野清志郎がNo.1、まさしく〈GOD of FUJI ROCK!!〉でした。さて、みなさんのベスト・アクトは誰だった!? *だいさくじょび(バウンスへんしゅーちょー)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る